(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操、馬騰討伐を試みる!
曹操は孫権、劉備と難敵と対峙し、更に馬騰も不穏な動きをしているのを察します。そこで程┐僚个靴榛略は「帝からの勅命によって馬騰に対して孫権討伐を命ずる」というものです。

これなら馬騰が勅命によって許昌に来たところで討伐が出来、従わない場合は馬騰討伐の大義名分が出来るという事です。

そこで不本意な勅命を出す帝(献帝)に対して、曹操に対して不満のあった黄奎は曹操討伐の計画を申し出ます。
●弓腰姫
劉備の妻となった孫夫人は城内で薙刀の稽古をしています。そこで侍女や美芳を稽古に付き合わせますが…。

※美芳には少々厳しいようです。
●勝平の父、勝傑
劉備軍で新規の兵士を募集していたところにやってきたのは勝傑と名乗る兵士。彼は劉備軍が預かっていた少年である勝平の父、袁紹軍の侍大将だったようですが袁紹滅亡のあと流浪の日々を送っていたようです。

父子の再会を果たす勝平と勝傑ですが…。
●龐統、馬騰と面談するも…
孫権から劉備へ手紙が届きます。その手紙の内容は(孫権討伐の勅命が出た)馬騰の真意を聞き出して欲しいというものです。

その使者には龐統、護衛に張飛と勝傑。しかし、勝傑には何か裏がありそうです。
●馬騰、黄奎と龐統のどちらを信じるのか?
孫権討伐に出掛けた馬騰に対して黄奎は曹操討伐を持ちかけます。ところが使者としてやってきた龐統は馬騰の曹操討伐計画に反対します。

結局、馬騰は黄奎を信じて曹操討伐計画を実行します。但し、この計画が何故か曹操に発覚してしまいますが…。
●馬騰と黄奎、曹操に誅殺される!
黄奎は曹操を騙して許昌の城外へ誘い出そうとするも計画が発覚して捕らえられてしまいます。そして、孤立無援の馬騰軍も一族の殆ど(馬超、馬岱以外)が黄奎と共に処刑されています。
●勝傑の正体
孫権の使者として劉備軍へやってきた神々・竜々は勝傑の事を勝平に教えますが…。それによると勝傑は曹操軍の侍大将だった事が判明します。

一方、馬騰処刑の件での情報漏洩の調査を孔明が行います。どうやら荊州の使者以外はこの情報を知りえないわけですが…。

勝傑は孔明に龐統の謀反の疑いを話し、逆に勝傑は龐統に対しては孔明の龐統に対する妬みについて語ります。

その夜、勝傑は勝平を殺そうとしたところ孔明・龐統・関羽によって殺されてしまいます。

その後、天涯孤独の勝平を慮った関羽は彼を養子とし、名を「関平」と改めます。

※ちなみにこの「関平」、人形劇三国志の最終話まで登場する主要人物となります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第38話「玄徳の失敗」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第37話「王覇の業」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第36話「玄徳虎穴に入る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第35話「風雲 南郡城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第34話「曹操を逃すな!」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト