「w♥c」若槻千夏が東京ファッション・ウィーク初参加についてコメント

写真拡大

 若槻千夏が手がける「w♥c(ダブルシー)」が、国内最大のファッションイベント「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」に初参加する。日本ファッション・ウィーク(JFW)推進機構による参加ブランド発表の翌日4日に、若槻千夏がオフィシャルブログ「WCはどこですか?」を通じて、参加理由をはじめとしたコメントを発表した。 「w♥c」若槻千夏がコメントの画像を拡大

 若槻千夏はオフィシャルブログ「WCはどこですか?」に、「みなさんにとってはもしかしたら重大じゃないかも...けど私にとっては重大なんです。はい」と書き始め、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」への参加を発表。「デザイン学校とか出たりして専門的な方達がちゃんと洋服作ってちゃんと服を見せるそんなショーになぜwcが出るんだ。アパレルに関わっている人からしたら不思議でしょうがないと思います」としながらも、「洋服が作りたいんです。それだけです。どの素材でどの色でどの季節を表現したいか。ちゃんと見せれるのはコレクションだと思いました」と参加理由を明かした。「鼻で笑われて終わるかもしれない。だけど私は挑戦します。自分が評価されるのは怖いです。ブランドが痛い思いするかもしれません。しかし私の中で最大の痛さと恐怖は出産でしたから。今の私はきっと強いんです。だから今なら出来る気がしたんです」とコレクションウィークに懸ける想いを綴っている。 2012年10月13日〜19日に開催される「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」では、全39ブランドが2013年春夏シーズンのコレクションを発表する。そのうち初参加は9ブランド。「w♥c」の他、「American Apparel(アメリカンアパレル)」が日本上陸7周年を記念して参加を発表している。■若槻千夏がオフィシャルブログ「WCはどこですか?」 URL:http://ameblo.jp/wakatsuki-2/