「話し方講師」が出世のコツを直伝!

写真拡大

30代後半から40代になると、仕事ができる人、できない人の差が出てきます。なかには、「仕事ができるのに出世できない」と不満を募らせている人もいます。それは、本人が思っている「できる」レベルと、周りが「できる」と感じるレベルに差があるからです。

私は話し方の講師としてたくさんの働く女性を見てきましたが、女性の場合は特に、上司から指示された仕事やルーチンを上手にこなすのを「仕事ができる」と誤解している人が多いようです。しかしこれでは、便利な部下ではあっても出世はできません。

仕事ができないと思われてしまう女性には、3つ改善すべきポイントがあります。「判断能力」「叱り方」「話し方」です。

まず必要なのは、判断する能力です。周りに認めてもらうためには、指示された仕事だけをするのではなく、自ら判断して仕事を進めることです。目の前の仕事に気を取られず、全体像を見たうえで自ら判断する力を養いましょう。仕事以外でも、趣味やボランティアなどの場で判断力が問われることに携わり、力を磨いておくのも手です。

さらに大人数のチームのやる気を出させ動かしたければ、後輩や部下に判断業務を教えることが必要です。そのときも、「自分で判断して仕事を進めなさい」と言うだけではなく、まずは判断するための選択肢を出させます。

たとえば、お客様から無理な要求があった場合、部下本人に対応方法を3パターン考えてもらいます。そして、それぞれのメリットとデメリットを書き出し、理由を納得させながら正しい方法に導きます。

こうして判断の方法を教え、「間違ったときは私が責任を持つ」と励まします。また、常に「迷ったらいつでもすぐに相談して」と伝えましょう。

2つ目のポイントは叱り方です。女性がよく悩むのが、年上の部下の叱るときの方法です。叱りにくいから叱らないでいると、チームを率いる力不足ということになりますし、かといって不用意に叱ると、プライドを傷付けられて素直に指摘を受けいれてくれません。

年上の部下には、最初に言い訳を聞いてあげてから指示するようにしましょう。相手がしたミスの原因を説明させるのです。そのうえで、「この点はこうしてください」と明確に指示を与えます。
3つ目のポイントは話し方です。せっかく仕事の能力があるのに、話し方で損をしている女性は多いものです。内容はよくても、小さな声で早口だと自信がなさそうに聞こえ、不安を感じさせたり信用されなかったりします。

低めの声で、大きな声で話すようにしましょう。低めの声のほうが聞き取りやすく、安定感があるので落ち着いて聞こえます。また、大きな声で話すと、相手に与える影響力も大きくなり、自分自身を励ますこともできて気持ちが乗ってきます。置きをしないで明確に自分の考えを伝えることも大切です。「A案でもいいかとは思うのですが、たぶんB案のほうがよいのではないかと……」などと、余計な前置きをしたり、語尾をはっきりさせずに話したりすると、自信がなさそうに聞こえます。前置きが長いと、結論がはっきりしなくなり、相手に与えるインパクトも弱まってしまいます。

「いくつかの調査結果も同じ傾向を示していますので、この方法で進めたいと思います」など、客観的な根拠を示しつつ、断定的な言い方で自信を示しましょう。

そして、普段から大きな声で笑い、大きな声で挨拶をしてください。リーダーに必要なのは、空気を読むことではなく、空気をつくること。チームづくりは雰囲気づくりです。

周りとの摩擦を避ける能力が高いのは、女性の持つよさでもあります。ただ、そのために会社の中で「優秀な助手」を目指す人が多いのはもったいないことです。判断力を磨いて上手にアピールし、ぜひ、リーダーとして力を発揮してください。

※すべて雑誌掲載当時

(話し方講師・ヒューマンウェア研究所所長 大畠常靖 構成=大井明子)