JR北海道が10/27ダイヤ改正、室蘭〜苫小牧間の普通列車は気動車がメインに

写真拡大

JR北海道は10月27日、ダイヤ改正を実施する。

札沼線(学園都市線)では新型通勤電車の追加投入が進み、北海道医療大学駅まですべて電車での運転に。

一方、室蘭本線・千歳線の711系電車は気動車列車への置換えが進められる。

学園都市線は今年6月1日、北海道医療大学駅までの電化が完成し、新型通勤電車733系・735系が24両投入された。

10月に行われるダイヤ改正で、新型通勤電車18両が追加投入され、札幌〜北海道医療大学間の列車はすべて電車で運転される。

また、学園都市線を含む札幌圏全体で、電車5車種(711系、721系、731系、733系、735系)による共通運用が実現する。

学園都市線では列車10本が増発され、運行本数は計110本に。

運転区間が延長される列車も17本あり、あいの里公園〜北海道医療大学間での利用チャンスが拡大する。

朝夕の混雑列車にはロングシート車両を優先的に使用し、混雑緩和を図る。

夕方17〜20時台の下りは15分間隔(札幌駅を毎時0・15・30・45分に発車)で運転。

早朝の上りと夜間の下りに1本ずつ、札幌〜新千歳空港間で快速「エアポート」となる列車も新設する。

なお、現在、新十津川駅9時41分発の札幌行列車については、ダイヤ改正で石狩当別行となる。

その他、千歳線では早朝と夜間に普通列車を増発し、一部の普通列車を快速「エアポート」に置き換えるなど、新千歳空港へのアクセスと苫小牧方面の利便性の向上が図られる。

L特急「スーパーカムイ」「すずらん」の一部列車で運転時刻の見直しも行われる。

ダイヤ改正を機に、札幌〜室蘭間で運転される711系の気動車への置換えも進む。

室蘭本線室蘭〜苫小牧間の普通列車は、室蘭〜東室蘭間でL特急「すずらん」用車両を使用する普通列車を除き、すべて気動車列車によるワンマン運転になるとのこと。



続きを読む