疲れ目対策をすれば年収があがる!?-Zoff調べ

写真拡大

メガネショップ「Zoff(ゾフ)」は、20代から30代のビジネスパーソン(男女計438名)を対象に、「目のケアと仕事に関するアンケート調査」を実施した。

その結果、効率的に”目のケア”や疲れを予防している人は高所得者が多い傾向にあった。

調査期間は7月20日から7月24日。

「目の疲れ」に対してどのような予防をしているか聞いたところ、「目薬を使う」が49.5%、続いて「ストレッチを行う」が21.2%、「遠くを見つめる」が20.3%と、簡単にできる疲れ目予防策が続いた。

ビジネスパーソンに「あなたは、仕事に集中力を継続できますか?」と質問したところ、15.1%の人が「継続する」と回答。

特に、「PCメガネを着用する」と回答した人の26.7%が「継続する」と答え、最も高い結果になった。

目のケアと年収の関係性をみると、「PC用メガネを着用する」人は年収800万円以上の高所得者層が16%と、他の目のケアに比べ多いことが分かった。

また、年収別にみると300万円から500万円の人のPCメガネ着用率が最も低い結果に。

続いて「目を温める」、「運動をする」という方法で積極的に目のケアをしている人も年収800万円以上の高所得者が多い傾向にあった。