海水浴シーズン到来。岩手県宮古市で浄土ヶ浜サマーフェスティバル開催

写真拡大

岩手県宮古市で浄土ヶ浜サマーフェルティバルが開催される。

震災で中断されていたが、がれきの撤去も終えて再スタートだ。

岩手県宮古市の浄土ヶ浜サマーフェスティバルの開催日時は8月5日(日)10:00から。

昨年は東日本大震災の影響で中断したが、今年は7月21日の浄土ヶ浜海開きに伴い復活を遂げ、2年ぶりに開催される。

イベントのメイン会場となる浄土ヶ浜レストハウスは震災により被害を受けていたが改修工事を経て完成、営業を再開した。

イベント内容は10:00から子ども浴衣コンテスト、11:15からみやさと奏ステージ、12:00からMDSダンスステージ、12:30から金澤未咲ステージと続き、12:30からビーチサンダル飛ばし大会、13:00から餅まき、13:15から小田代直子ステージ、14:00から爆笑ジャンボ竹竿スイカ割大会が行われる。

また、シーカヤックの試乗会もあり、無料で体験できる。

時間は10:00から12:00、13:00から15:00の2回。

さらに10:00から15:00までレストハウス芝生前で「浮き輪を投げて商品をゲット」が開催。

体験型イベントも盛りだくさんだ。

浄土ヶ浜の入江を利用した海水浴場は、陸中海岸国立公園に含まれており、環境庁認定の「日本快水浴場100選」、岩手県指定名勝の第一号、今年1月には国指定名勝にも指定されている有数の景勝地だ。

東日本大震災の被害も、現在はがれきの撤去も終わり、景観を取り戻している。

また、浄土ヶ浜の前に広がる宮古湾は幕末における「宮古湾海戦」の舞台となった場所としても知られる。

明治2年3月、宮古湾に停泊していた新政府軍の艦隊に、新選組で知られる土方歳三らに率いられた旧幕府軍の艦隊が接舷、乗り移って攻撃をしかけるが失敗に終わった場所である。

失敗だったとはいえ、その時攻撃を受けた新政府軍の若手砲術士官だった東郷平八郎は、土方らの戦いを後年まで忘れず、日本海海戦の指揮に生かしたと言われている。

アクセス JR宮古駅から奥浄土ヶ浜行バスで20分、バス停奥浄土ヶ浜下車すぐ JR宮古駅から車で約10分、浄土ヶ浜第1〜3駐車場から徒歩10〜15分 東北自動車道盛岡南ICから車で120分、浄土ヶ浜第1〜3駐車場から徒歩10〜15分 当日は浄土ヶ浜第一駐車場から無料のシャトルバスが15分間隔で運行される

続きを読む