おいしい特典付き物件!? 社会人がお部屋を選ぶ「決め手」とは

写真拡大

社会人の物件探し。

会社までの距離やぐっすり眠れる静かな住まいかどうかなど、お部屋選びの条件は多々ありますが、最後の決め手になったのはどんなポイントなのでしょうか? そこで今回「マイナビ賃貸」では、一人暮らしをしている社会人のマイナビニュース会員300人に、お部屋を選んだ決め手について聞きました。

通勤時間「通勤ラッシュの電車に乗る時間を少しでも短くしたかったので、会社の最寄り駅まで乗車時間が15分以内の範囲で物件探しをしました」(女性・神奈川県/30歳)「通勤時間を短くして睡眠時間を長くとりたい」(男性・神奈川県/48歳)「最寄り駅よりも、ドアトゥドアで10分以内など、実際にかかる時間で決めた」(女性・東京都/25歳)やっぱり気になるのが通勤にかかる時間。

通勤時間が長すぎて、会社に着くまでにぐったり…なんてことでは仕事に支障も出てしまいそうです。

セキュリティー面「女性の1人暮らしなので、オートロックや防犯カメラ有りなどセキュリティー面がしっかりしていたのが決め手になった」(女性・千葉県/29歳)「夜遅くに駅から徒歩で帰るのは怖いので、駅近くの部屋を選びました」(女性・東京都/33歳)「仕事で遅くなることが多いので、夜遅くまであいている飲食店やスーパーがあり、家の近くが夜でも明るいところにした」(女性・東京都/25歳)女性にとって重要な項目であるセキュリティー面。

マンションの防犯設備だけでなく、周辺環境まで調べた方がよさそうです。

建物の向き「南向きだと日当たりがよいため、冬場の光熱費も減らせるから」(男性・神奈川県/41歳)「休日の日中はカーテンなしで過ごしたかったので、目の前に家がない物件を探した」(女性・東京都/27歳)意外に見落としがちな建物の向き。

休日を家で過ごす人にとっては、カーテンを閉めっぱなしで一日中日が入らない部屋で過ごすのは、精神的にも良くないかもしれませんね。

マンション・部屋の設備「一からそろえたり、転居の際に費用がかかったりするのが嫌だったので家具家電付の家にした」(女性・神奈川県/28歳)「お風呂に追い炊き機能があったのが決め手。

仕事の疲れをしっかり癒やすためにも、長風呂がしたかったので……」(女性・神奈川県/26歳)「マンションに不在時用の宅配ボックスがついていること。

仕事で日中不在のため、荷物の受け取りができないので」(男性・東京/27歳)別のマンションと悩んだ際、決め手になりそうな設備面。

筆者は過去に、室内乾燥機がなく洗濯物を干すのに苦労した覚えがあります。

おいしい特典付き「ベランダからスカイツリーが見えたため」(女性・東京都/27歳)「すぐ隣に交番があったのがポイント高かったです。

マンションのエントランスが交番の脇にあったので安全でした」(女性・東京都/27歳)ちょっとおいしい特典つき物件。

交番の横なら、24時間態勢の監視員がいるようで安心できそうですね。

社会人の皆さんは、出勤時間や休日にリラックスできるかどうかなど、自分にとってよりよい就業スタイルを作れそうかどうかを見ているようです。

これから一人暮らしを始めるという社会人の方はぜひ参考にしてみてくださいね!(山本莉会/プレスラボ)【アンケート対象】現在一人暮らしをしている、もしくは過去に一人暮らしをしたことがある男女(マイナビニュース会員)調査時期:2012年6月20日〜2012年7月8日有効回答:300件調査手法:インターネットログイン式アンケート