設計士との相性も大事!? 住宅リノベーションを成功させるコツとは?

写真拡大

リノベーション実例ギャラリーサイト「RENOVATION GALLERY(リノベーションギャラリー)」を運営するドーンは、同社が運営するサイトに参画している設計・施工会社を対象に「リノベーションを検討している消費者に向けたアドバイス、業者のホンネ」についてアンケートを実施。

このほど結果を発表した。

まず、顧客のリノベーションに対するイメージは具体的な方か良いかどうか尋ねると、73%が具体的な方がいいと回答。

その理由として「テーマがあると設計しやすい」「ある程度固めておいてくれれば、そこから膨らませていくので」などのコメントが寄せられた。

「こんな感じがいい」というものを決めておけば、具体的ではなくてもプロが色々と提案してくれるという。

次に「予算は決まっていた方がいいか」と質問。

90%が「YES」、10%が「NO」の答えだった。

理由については、「予算が決まっていれば提案しやすい」「決まっていた方がいい。

これは一番重要なこと」などの意見があった。

さらに「土地や建物が決まってからデザインしてもいいいか?」聞くとYESが64%、NOが18%、どちらとも言えないが18%だった。

実際の予算については、「マンションだったら坪25万円〜」「工事費を含んで1,000万円前後が多い」「マンション・戸建て問わず500〜1,000万円。

年々上がっている感じがする」などの意見が寄せられたが、700〜1,000万円がボリュームゾーンだという。

リノベーションを成功させるコツとして、「“波長や感性が合う”ことは重要」「生活、個性を偽りなく教えてもらうと、ズレが少ない」などの意見が寄せられた。

ほとんどの設計士が依頼主とコミュニケーションを多く取りたいと考えており、成功の秘訣(ひけつ)は相性のいい設計士を見つけてとことん話すことや、遠慮せずに何でも相談することだという。