ホンダ、モトクロス競技専用車「CRF450R/250R」の2013年型モデル受注開始

写真拡大

本田技研工業は3日、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF450R」をフルモデルチェンジするとともに、「CRF250R」の仕様を一部変更し、2013年型モデルとして10月2日に発売すると発表した。

受注期間は、8月3日から12月10日まで。

なお、CRF450RとCRF250Rは競技専用車であり、公道走行はできない。

CRF450Rは、車体に新設計のアルミツインチューブフレームとフロントフォークエアサスペンションを採用。

エンジンは、新形状のピストンや吸・排気ポートの形状変更などの仕様変更を施し、消音効果とマスの集中化に寄与するショートタイプのデュアルマフラーを新採用するなどして、総合性能を向上させている。

販売計画台数(国内・年間)は60台で、価格は87万1,500円。

CRF250Rは、マフラーの内部構造を新設計して、高いドライバビリティーと消音性能を実現。

車体には、倒立タイプのフロントフォークの仕様を変更したほか、新パターンのフロントタイヤと軽量化したリアタイヤを採用し、高い路面追従性と安定感のある走行性能を実現したとのこと。

販売計画台数(国内・年間)は250台で、価格は72万4,500円。