NBAのスター選手をずらり揃える、バスケットボール“米ドリームチーム”の決勝進出なるか

写真拡大

 競技最終日となるこの日は男子マラソンが行われる。日本からは藤原新、山本亮、中本健太郎の3選手が出場し、今年の東京マラソンで2位となったプロランナーの藤原に入賞の期待がかかる。メダル争いはケニア勢が有力。世界2位の記録を持つウィルソン・キプサング・キプロチッチ、昨年の世界陸上で連覇しているアベル・キルイらがどんな走りを見せるか?

 レスリング男子66kg級には日本男子のエースと目されている米満達弘が登場する。米満は昨年の世界選手権で銀メダルを獲得しており、十分にメダルを射程圏内にとらえている。その世界選手権決勝で米満を下しているメフディ・タガピ、ヤブライル・ハサノフといった強力なライバルたちもいるが、日本男子としてはソウル五輪以来、24年ぶりの金メダルを目指す。

 この日が決勝戦となる男子バスケットボールではアメリカ代表“ドリームチーム”に注目が集まる。北京五輪を制し、連覇を目指す今大会でもNBAで活躍するスター選手たちがずらりと名を連ねている。決勝の相手はスペイン代表となったが、金メダル獲得はもちろんのこと、五輪でしか見ることが出来ないドリームチームのスーパープレーに世界中から期待が集まっている。