航空トリビア (20) 座席の一番広い航空会社はどこ?

写真拡大

機内での快適さを左右する一番の要因は、座席の広さだ。

特に前後間隔(シートピッチ)が重要だといわれる。

科学的なデータがあるわけではないが、航空会社が座席をアップグレードするときに最初に差別化を図るのがこのシートピッチだから、乗客からのリクエストが最も多いことは想像がつく。

先日、LCCで福岡から関空経由で札幌までの2区間を乗った。

シートピッチは70cmと業界で最も狭いレベルで、座席を倒すと後ろの席の男性が「トイレに立てない」と言うので、ずっと姿勢よくしていたのも影響したのか、札幌に着いた時にストレスがMAXに達した。

合計で3時間ほどしか乗っていなかったのだが、言いようのないストレスだった。

「これなら、普通の広さの大手航空会社で半日かけてアメリカまで行く方が楽だ」と思えたほどだ。

その「普通の広さ」とは平均で80cm強。

大手やスカイマークはこのレベルだ。

「たかだか10cmではないか」と思う人もいるかもしれないが、その10cmの差で疲れ方は大きく変わるものだ。

国際線のデルタ航空では普通のエコノミークラスよりピッチが7cm〜10cm広い「エコノミーコンフォート」を設置し、追加料金でアップグレードできるようにしているが、これは7cm〜10cm広くすれば快適性が上がることを証明している例だろう。

国内線の普通席でシートピッチが広いのはスターフライヤーで約90cm。

シート自体も革張りで重厚なつくり。

座り心地もよくリクライニング角度も他社より深い。

ANAが国内線に導入中の新しい普通席は、座席の背もたれなどが全体的に薄い。

そうなると同じシートピッチでも乗客のスペースは自然と広くなるわけだ。

また、この新シートは足元にシート支える支柱が少なく足をのばしやすいが、こうしたシート自体のつくりも快適性を左右する。

国際線のエコノミークラスのシートピッチは、大手の場合は平均80cm台。

ジェットスターが運航する関空 - 台北線はシートピッチ70cmなどと、やはりLCCは狭めだ。

大手の中でエコノミークラスのシートピッチが平均より広いのはオセアニアの航空会社。

ニュージーランド航空は、他社との競争がほとんどないため航空券の値段が下がりにくいが、その分だけサービスも良質でシートピッチも広めだ。

また、かつて成田 - ナンディ線を運航していたエアパシフィックも他社より広い。

これは、「フィジー人は身体が縦横ともに大きく、座席を広くせざるを得ない面がある」(同社)。

民族的な理由の場合もあるようだ。



続きを読む