『グラン・ブルー完全版 ― デジタル・レストア・バージョン』
 (C) 1988 GAUMONT

写真拡大

日中は外に出ただけで体が溶けそうになるような暑さが続いていますが、夜になると少し気温も下がって、夜風にあたってお散歩……も気持ちいいこの季節。毎年恒例のイベント、恵比寿ガーデンプレイスでの「スターライトシネマ」が7月28日から始まり、今年も人気を呼んでいます。

本イベントは、8月26日までの毎週土曜・日曜日の夜、屋外のセンター広場に300インチのスクリーンを設置し、約150人分の観客席を設けて、映画を無料で上映するというもの。
毎年人気を呼び、今年でなんと13回目。私の友人などは「10年前、別れた彼氏を見に行った覚えがあるわ、懐かしい……(涙)」と、遠い目で語っておりましたが、恵比寿ガーデンプレイスという素敵なエリアで夜風に吹かれながら映画鑑賞なんて、決して忘れられない夏の思い出になりそう。

今年のテーマとラインナップ


今年は、「都会のブルーオアシス」をテーマに、海、空、宇宙など美しい自然の「蒼」をキーワードにした作品を集めて上映されます。
たとえば、製作7年、ロケ地200カ所、撮影7000時間……。危険で困難なサメや北極圏の撮影に成功、カメラが捕らえた地球の神秘と美しさに世界中の人々が息を呑んだ大ヒット海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー』、その製作スタッフが再結集、北極から南極へと向かう旅の中で、ホッキョクグマの親子、砂漠を大移動するアフリカゾウの群れ、ザトウクジラなど数々の生物の営みを圧倒的な迫力の映像で映し出した自然ドキュメンタリー『アース』などは、野外の大スクリーンで見ると現実をすべて忘れてしまいそうな迫力間違いなし。サウンドトラックも好評なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるダイナミックな演奏もお聞き逃しなく。

また、リュック・ベッソン監督の代表作であり、原点とも言える、スキューバの道具を一切使わないで、素潜りで深海100メートル近くまで潜水する“フリー・ダイビングを競う青年の物語『グラン・ブルー完全版 ― デジタル・レストア・バージョン』、ニュージーランドを舞台にその海と自然の美しさ、そして主人公の少女のピュアな心に癒される『クジラの島の少女』、ギリシャの島の海、そしてメリル・ストリープ、アマンダ・セイフライドの演技がまぶしい『マンマ・ミーア!』など、美しい海が登場するドラマ作品も魅力的。

BARも出現!?ジンブランド「ボンベイ・サファイア」ともコラボ!


そして、お酒好きの方にうれしいのが、ジンブランド「ボンベイ・サファイア」とのコラボにより、「Bombay Sapphire Blue Oasis Bar」が併設され、ほろ酔い気分で映画を楽しむことができるのです。
「ボンベイ・サファイア」は透明感のあるブルーと美しいボトルのフォルムがなんともオシャレ。

カップルでのデートはもちろん、一人で楽しんだり、お友達と一緒に盛り上がったり、2012年の夏をオシャレに楽しんで。
(※もっと飲みたくなってしまった方はガーデンプレイス入り口にビアホールビヤステーション恵比寿があるので、そちらへどうぞ。笑)
(mic)

■ スターライトシネマ 2012
会場/恵比寿ガーデンプレイス センター広場
会期/7月28日(土)〜8月26日(日)の土曜、日曜の計10日間
時間/各日19:30  ※当日18:15よりセンター広場内にて座席券を配布(1人1枚限り)
入場鑑賞料/無料
問い合わせ先/恵比寿ガーデンプレイス・インフォメーション 03-5423-7111
※荒天などの際は中止の場合あり
※諸般の事情のより、内容・時間などは若干変更の可能性あり
Bombay Sapphire Blue Oasis Bar
営業日時/7月28日(土)〜8月26日(日)
営業時間/平日17:00〜21:30(L.O.)、土・日15:00〜21:30(L.O.)
場所/恵比寿ガーデンプレイス センター広場