「お子様セット」販売店舗拡大! 石黒彩さん親子が“新しい”吉野家を訪問

写真拡大

吉野家は、かねてより郊外店舗を中心に販売していた子ども用のミニ牛丼かミニカレーのどちらか1つのどんぶりに、ドリンクとデザートをセットにした「ニコニコお子様セット」(各280円)を、店舗数を871店舗に拡大して販売する。

現在吉野家では、すべての利用者に心地良く楽しんでもらえるよう、店舗環境とメニューの2つの側面で改革を実施。

店舗環境では、「エコ」「開放感」「衛生感」「機能性」という4つのキーワードを掲げたリニューアルを進めるという。

開放的で衛生的な明るい店内外を実現するとともに、ゆったりとしたテーブル席を新たに設け、家族連れをはじめ、だれにも居心地の良い環境を整える。

このリニューアルは順次進めており、2015年まで全店舗にて完了する計画。

また、メニューについてもさまざまなユーザーの要望に応えるラインナップを展開していくとしている。

今回「ニコニコお子様セット」の販売店舗拡大を記念して、3人の子どもの母親であり、カリスマ主婦として活躍中の石黒彩さんと、長男の耀太(ようた)くんを、いち早く店舗リニューアルを実施した埼玉県の郊外店に招き、新しい吉野家と「ニコニコお子様セット」を体験してもらった。

来店早々、新しい吉野家のお店に、驚きを隠せない様子の石黒さん。

「今までの吉野家とは全然違いますね。

今日は久しぶりにお店に来てみて、テーブル席があるのに驚きました。

入口も広いのでベビーカーや子どもと一緒でも入りやすそうですし、木目調の床やタイルの壁などやわらかい印象で、ゆっくり食事ができそうです。

これなら家族でも入りやすいですね」と印象を語る。

親子で初めてお店で食べる吉野家の牛丼。

耀太くんはミニ牛丼セット、石黒さんは牛丼並盛を注文し、初めての親子牛丼が実現。

「牛丼がおいしかった! ママの作るご飯でも、牛丼が一番好き。

ゼリーもおいしかったよ。

また食べに来たいな〜」と大好評。

石黒さんからは、「家で牛丼を作るときもこの味を目指しているのですが、やっぱりお店の味は違いますね。

『お子様セット』にはゼリーやジュースも付いていて、小さな子どもには嬉しいですね。

それに、280円って主婦にはとてもうれしい値段」と、絶賛の声が。

帰りには、牛丼好きのお姉ちゃん二人へテイクアウト。

耀太くんの「また来たい!」というリクエストに応え、家族全員での再訪を約束していた。

■「ニコニコお子様セット」概要 商品名:「ミニ牛丼セット」「ミニカレーセット」 発売価格:各280円 ※どちらのセットも「ぶどうとりんごジュース」と「くだものとやさいのゼリー」付き。

販売対象店舗:871店舗 ※各店舗、先着200名に、吉野家モバイルキャラクター「よっぴー」のシールをプレゼント。

※持ち帰りも可。

※「ニコニコお子様セット」は、小学生以下を対象に販売。

※そば処吉野家など、一部店舗では販売せず。