(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●周瑜の死、孔明悼む!
江東の周瑜、志半ばにて病死してしまいます。周瑜は実質的には孔明により死んだようなものですが、その周瑜の弔問を孔明が行く事になったのです。

孔明にとって最大の好敵手であった周瑜、彼の死を誰よりも悼んだのは他ならぬ孔明であったのです。それは弔問の場で魯粛が再認識したようです。

※逆に周瑜は孔明を意識し過ぎたあまり、その生命が尽きる事となったとも言えます。
●龐統、再び現れるも…
「鳳雛」こと龐統、彼は曹操を「連環の計」によって破る赤壁の大勝利の影の役者。そこで孫権は周瑜亡き後の江東の軍師として登用を考えていたようですが…。

孫権は龐統の不細工かつ汚い服装、そして周瑜を貶めるような口振りから彼(龐統)の登用を取り止めます。

そして、龐統は孔明と魯粛の推薦から劉備の元へと参るのですが…。
●劉備、龐統を田舎の県令へ命ずるも…
劉備も役人の採用試験の真っ最中。そこにやってきた龐統、劉備は彼の貧相な身なりを見て、とりあえず田舎の県令へ任命しますが…。

龐統は県令へ赴任するなり酒浸りで仕事をサボり続けます。あまりにも酷いので劉備は張飛と孫乾を使者に立てて視察をさせます。
●龐統の腕前
張飛は龐統のあまりにも職務怠慢を見るなり、怒鳴りつけます。しかし、龐統は山のように溜まった訴状を僅か半日で全ての訴訟を片付けます。

※因みに県令とは、今の日本で言うところの警察署長と裁判官を兼ねたような役職になります。

これを見た張飛はすっかり龐統を見直し、劉備の元へ連れ帰ります。

孔明から龐統の話を聞き、自らの浅慮に対して深く反省をする劉備。人を見掛けで判断してしまった劉備ですが、改めて龐統を副軍師として任命することにします。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第37話「王覇の業」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第36話「玄徳虎穴に入る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第35話「風雲 南郡城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第34話「曹操を逃すな!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第33話「赤壁の戦い」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト