“シニカルかわいい”新進気鋭のアーティスト「カロリン」の世界が有楽町に登場

写真拡大

「アタッシェ ドゥ イデー」(ルミネ有楽町)では、8月3日より、ドイツ在住の新進気鋭のアーティスト、カロリン・ロバートによる新作の陶製ティーセット・シリーズ「タイムトラベル」の発売にあわせ、カロリンの世界観を表現する展示と商品の販売を行う。

日本の瀬戸地方にある老舗の陶器メーカーが第二次世界大戦後にヨーロッパ向けに輸出していた洋食器のデッドストックに、カロリン・ロバート自身が手描きのグラフィックを施すことで、新しい命を吹き込んだ「タイムトラベル」シリーズが、その原型であるアート作品とともに、「アタッシェ ドゥ イデー」に登場する。

カロリンの描く世界はかわいらしく、ユーモアに満ちているのに、ピリッとした風刺が効いているのも魅力的。

個性的なティーポットやカップ、小物入れにもなるシュガーポットは、アートやデザイン、ファッション好きな方へのギフトにもおすすめだ。

カロリン・ロバートは、1981年ドイツ ウエストファーレンのハルターン生まれ。

2004年よりフリーランスのイラストレーター、そしてグラフィックデザイナーとして活動し始め、すぐにさまざまな雑誌や選集で才能を発揮。

2012年の母の日に、三越伊勢丹のキャンペーンのメインアイコンに作品が起用され、三越伊勢丹・新宿店のWindow 12面でも大きく作品を取り上げられる。

植物や動物を深く愛する彼女の絵は、一度見ると多くの人々をとりこにする独特な色使いと魅力を持っている。

■カロリン・ロバート展 「タイムトラベル」 ・開催期間:8月3日(金)〜8月20日(月) ・開催場所:「アタッシェ ドゥ イデー」(東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町店ルミネ1 7F) ・営業時間:11:00〜21:00