「あきたにしました。」平成25年秋田観光キャンペーンのロゴデザイン決定!

写真拡大

秋田県観光キャンペーン推進協議会は、平成25年度の秋田デスティネーションキャンペーンを中心に、今後3年間展開する観光キャンペーンのキャッチフレーズ「あきたにしました。

」を、県内外に向けて広くアピールするためのロゴデザインを発表した。

ロゴマークは本県の自然、温泉、ふれあいがモチーフ。

木の葉、温泉マーク、ハート形の頭部を持つ3体のキャラクターを配した。

ロゴデザインをデザインしたのは、大仙市のスタジオ夢工房代表の伊藤敬悦氏。

ディレクションは秋田県イメージアップアドバイザーの梅原真氏が行った。

梅原氏は「『あきたにしました』とつぶやきのようなキャッチフレーズとともに、人々が、秋田にぞくぞくと向かう様子をデザイン。

秋田の自然・温泉・ふれあいをモチーフにしたキャラクターとともに「ふと行きたくなる秋田の魅力」をシンボル化している」とコメントしている。

秋田デスティネーションキャンペーンは、平成24年20月1日〜12月31日まで実施。

秋田県では県・市町村および観光関連団体、各種団体、民間企業など112団体によって「秋田県観光キャンペーン推進協議会」を結成し、平成24、25、26年の3年間にわたって個々の事業者では成し得ない大規模な観光誘客キャンペーンを展開する。



続きを読む