「ショートフィルムをつくるようにデザインした」宮下貴裕ソロイスト.2013年春コレクション発表

写真拡大

 「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.(タカヒロミヤシタザソロイスト.)」が、東京・西麻布のアトリエで2013年春コレクションを発表した。「ショートフィルムをつくるようにデザインした」というデザイナー宮下貴裕氏は今シーズン、映画監督で俳優の故John Cassavetes(ジョン・カサヴェテス)からコレクションをイメージ。"モノを知り尽くした大人のためのリラックスウエア"を軸に、立体裁断のリサイズシリーズやロカビリーDJのTAGO氏と宮下氏によるコラボレーション、スカルのリングなど新作が加わった。 宮下貴裕ソロイスト.2013年春コレクション発表の画像を拡大

 7シーズン目のコレクション「Symphony #0007.」は、宮下氏がジョン・カサヴェテスの映画や役者の着こなしから影響を受けてデザインされた。「ジョン・カサヴェテスや、その周りの連中すべてを表現したい」という思いから、宮下氏なりの解釈でクラシカルなメンズウェアの可能性を広げている。「ショーの予行練習という気持ちでデザインしたら、やっぱりこういうもの作りが好きなんだなと感じた」という宮下氏は、コレクションをショートフィルムに例えて制作したという。トレンチコートやダッフル、ギンガムチェックなどの定番アイテムをベースに、機能性とデザインの追求を試みた。リバーシブル仕様のジャケットや異素材のハイブリッドなMA-1など、様々な手法でフォーマルとカジュアルを融合している。 新素材を使用したパジャマシリーズやフォーマルシリーズに加え、新たな注目はリサイズシリーズ。大きいサイズに仕立てられたジャケットやコート、ボトムスを立体裁断でサイズダウンしたリメイク風の仕様が特徴で、断ち切りの裏地やアシンメトリーのポケットなど、ディテールにひねりが効いている。TAGO氏とのコラボレーションでは、9色からなる「eARTh dye(アースダイ)」カラーシリーズからセレクトされた7型に50年代の代表的なパターンがプリントされた。 アクセサリーでは、生物やスカルをモチーフにしたリングや、Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)氏とコラボレーションしたジュエリーの新作、ジョン・レノンなどの人物をイメージしたという「OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)」の眼鏡、「Coeur(クール)」の木島隆幸氏の制作によるハットなど充実のラインナップ。シューズでは、「AUTHENTIC SHOE&Co.(オーセンティックシュー)」の竹ヶ原敏之介氏によるレザーシューズに加え、「SPECTUSSHOECO.(スペクタス)」のコンフォートシューズの別注、スペイン製のファイヤーパターンのシューズなどが発表された。これらの「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.」2013年春コレクションは、2013年1月末より順次販売が予定されている。