上手に活用して”快適”マネーライフ! 『お金の管理』便利ツール (8) ”シンプル・イズ・ベスト”を目指し、家計簿機能に特化した『@家計簿』

写真拡大

ネットで使える資金管理ツールをご紹介する連載コラム「上手に活用して”快適”マネーライフ! 『お金の管理』便利ツール」。

第8回では、無料オンライン家計簿『@家計簿』を取り上げます。

これまで紹介してきたオンライン家計簿には、ブログや健康管理などさまざまな機能が付加されているタイプが多かったですよね。

このようなタイプは利用していて確かに楽しいのですが「余分な機能は要らない」と感じることはありませんか? 今回紹介する「@家計簿」は、そんな「家計簿機能だけを利用したい」と考えている人に最適な、家計簿機能に特化したオンライン家計簿となっています。

「@家計簿」のコンセプトは「簡単!」&「続けられる!」で、入力方法も非常にシンプル。

ログインすると、まず「基本画面(今日の家計簿)」ページが表示されます。

初期設定では、「現在の現金資産残高」の欄に、手元にある現金と普通預金口座にある現金の合計額を入力し、「残高調整」のボタンをクリックして、「現金資産残高」の設定を行うようになっています。

ただ手元の現金を管理するだけなら、「現金資産残高」のみを設定しておけばいいのですが、金融口座やクレジットカードなどを利用する場合などは、それぞれの項目をあらかじめ設定しておくと使い勝手がよくなります。

例えば、定期預金や投資信託、株式などの金融資産を管理する場合は、「金融資産口座管理」機能から行います。

初期設定は、「金融資産口座」ページから、現在所有している金融資産の「取引内容」「商品名」などを入力するだけ。

取引日付は、家計簿開始日以前であればいつでも構いません。

最後に残高調整を行って完了となります。

なお、給与振込口座、クレジットカード引き落とし口座・証券会社のMRFといった決済性のある口座については、現金資産として管理するため、口座登録の必要はありません。

カードローンや口座貸付など現金の借入残高がある人は、「キャッシュローン管理」機能を利用すればいいでしょう。

初期設定は、「キャッシュローン管理」ページにて、「新規借入」として現在の借入項目を入力して行います。

日付設定および残高調整の入力は、「金融資産口座管理」と同様です。

家のローンや給料など、毎月決まった日に支出・収入がある費目については、「固定入力項目設定」機能を使って、前もって登録しておくと便利です。

この機能を利用すれば、登録日になると基本画面に入力項目が自動的に表示され、クリックするだけで入力が行えるようになります。

金額が決まっていない費目も、日付と費目名だけでも登録しておけば、当日は金額を入力するだけで済みますよ。

毎日の収支は、「基本画面」から行います。

入力フォームにて「内容」「費目」「金額」「メモ」を登録すると、ページ下段に当日入力した項目と当月の収支、および現金資産残高が表示されます。

また、消費税の「自動計上機能」を利用すると、レシートからの入力も簡単に行うことができます。

もちろん携帯電話にも対応。

i-modeおよびJ-skyからの利用が可能で、買い物したその場で入力することができます(入力機能のみ使用可能)。

買い物の際にクレジットカードを利用した時は、入力フォームのカード利用欄にチェックを入れて記帳します。

返済内容の入力方法を説明すると、「クレジットカード管理」ページを開いて、日付を確認。

その後、全額返済の場合は「全額支払い」欄にチェックを入れる、また、分割払いの場合は「支払い金額指定」欄に今回支払う金額を入力して設定します。

きっちりと予算管理を行いたい人は、「今月の予算と実績」ページで月ごとの予算を設定しておくことをお勧めします。

予算設定は、「予算」欄に費目別の予算金額を入力し、一番下の欄で予算を設定する年月を選択して、「予算として登録」ボタンをクリックして入力します。

予算と実績の差額も現時点のものが表示されるので、当月の残り予算を一目で確認することも可能です。

また、「今月の予算と実績」ページは「家計診断システム」と連動しており、家計簿上から直接家計診断を受けることもできます。

家計診断では、支出グラフと家計の健全度に関するアドバイスが表示されます。

ところで皆さんは、家計簿をつけていて残高が合わなくなった経験はありませんか? 「@家計簿」では、どうしても残高が合わない場合、「現在の現金資産残高」欄を書き換えて帳尻を合わすことが可能です。

簡単に修正できるので、めんどくさがりの人にも向いている機能だと思いますよ。

余分な機能を省いた「@家計簿」は、初心者でも簡単に使うことができるオンライン家計簿です。

これまで家計簿をつけた経験が無い人も今日から始めてみませんか?