関空にLCC専用ターミナル - 搭乗橋なく、搭乗ゲートから徒歩で航空機へ

写真拡大

新関西国際空港はこのほど、関西国際空港内にて昨年10月より整備を進めていたLCC専用ターミナルビルについて発表した。

LCC専用ターミナルビルの延床面積は約3万平方メートル。

鉄骨作りの平屋(一部2階建て)で、搭乗橋はない。

搭乗ゲートから航空機までは徒歩で移動することになる。

セキュリティや運用の安全確保は確実に実施、LCCの高稼働を支える高い機能性、低コストオペレーションを可能とする経済性の追求といったLCCビジネスモデルを最適化した本格的な専用ターミナルビルになっているという。

同ターミナルビル内の商業施設は、レストランや土産もの店、コンビニエンスストアなどの出店を予定し、早朝深夜便にも対応。

「ターミナルに滞在する時間を楽しんでいただける」(同社)時間消費型店舗を展開するとしている。

旅客サービス施設使用料は、国際線が1,500円(出発時)、国内線出発時400円、到着時350円となっており、航空券購入時に空港運賃とあわせて支払う。

同ターミナルビルの供用開始日は10月26日の予定。



続きを読む