【男性編】メールをしていて困ることランキング


メールのやりとりは楽しいけど……





好きな女の子からのメールはうれしいもの。けれど、ずっと続くとやっぱりめんどう……と思ったことはありませんか? 男同士のメールには気を遣わなくて済みますが、女の子はメールに敏感。気を遣う人も多いはず。そこで今回は男性マイナビ会員425名の方にメールをしていて困ることをお尋ねしてみました。





Q.メールをしていて困ることを教えてください(複数回答)

1位 感情がうまく伝わらない 30.8%

2位 淡泊になり、怒っているように思われる 15.8%

2位 すぐに返さないと、という危機感がある 15.8%

4位 止めどころがわからない 12.0%

5位 返事が来ない 11.8%

6位 緊急の内容でも、すぐに見られないときがある 10.8%







■感情がうまく伝わらない

・「重要な内容や、微妙なニュアンスを伝えたいときにメールを使うと失敗する」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「文字だけでメールしていたら、怒っているとか興味がなくなったとか言うような感じで冷たい印象を与えてしまった。むしろ好意を抱いていたのだけれど」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「本当に好きか毎回聞かれる」(25歳/電気/技術職)

・「よく自分の意図と異なる感じ取り方をされて、トラブルになることがある」(29歳/小売店/営業職)





■淡泊になり、怒っているように思われる

・「上司が指導しようとして心をこめたメールでも、怒っているようにしか見えない。会うのが一番」(27歳/運輸・倉庫/営業職)

・「妙に事務的な口調になってしまう」(27歳/クリエイティブ職)

・「怒ってないのに怒っていると勘違いされた」(36歳/機械・精密機器/技術職)





■すぐに返さないと、という危機感がある

・「返さなければという責務感に追われてしまう」(35歳/運輸・倉庫/技術職)

・「文字を打つのが遅くて、次のメールが来ることがある」(42歳/電気/技術職)

・「自分のメールの返信が遅いのでよく怒られます」(33歳/機械・精密機器/営業職)





■止めどころがわからない

・「自分の返事で終わりたいのに、相手から返事が来ると、止めどころがわからなくなる」(27歳/通信/営業職)

・「ここで止めるのは悪いかなとか考えてしまう」(30歳/情報・IT/専門職)

・「最後どうやって終えようか考える」(31歳/その他)





■返事が来ない

・「すごく不安になる」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「浮気でもしてるんじゃないかと思ってしまう」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「しばらく返事がこないと、なにかあったのではないかと心配になる」(29歳/情報・IT/事務系専門職)





■緊急の内容でも、すぐに見られないときがある

・「大体電源が切れていたり、どこにあるかわからないのですぐに返すことができない」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「上司からの報告メールに返事をしないと怒られるのでめんどくさいです」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「サイレントモードにしていると気づかない」(30歳/商社・卸/技術職)





■番外編:メールはイヤ!

・電話派「メールが何通か続くと、面倒になって電話しちゃいます」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・機械は苦手「文字を打つのが遅いので、よく怒られます」(30歳/通信/営業職)

・ちゃんと見てる?「先方に届いたのか不明」(30歳/医療・福祉/専門職)





総評

1位に選ばれたのは、「感情がうまく伝わらない」でした。予想した人も多いのではないでしょうか。こちらとしては一生懸命訴えているのに、あっさりと返されることもしばしば。メールの難点ですね。





続いて2位は「淡泊になり、怒っているように思われる」「すぐに返さないと、という危機感がある」でした。どうしてすぐ返事をくれなかったの?なんていわれた日には、焦ってしまいますよね。





3位に選ばれたのは「止めどころがわからない」。これは「最後は自分で終わりたいのだけど、一言送ろうか迷う」という意見が大半を占めていました。4位には「返事が来ない」がランクイン。すぐに返事がほしい内容だったりすると、返事が来るまでソワソワしちゃいます。





5位は「緊急の内容でも、すぐに見られないときがある」でした。四六時中、携帯を見ているわけにはいかないですし、返せないときもありますよね。もちろん、メールがきたことに気づかない場合もあります。緊急時に関しては、メールよりも電話をかけたほうが安心かもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 鈴木彩夏)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性425名

調査方法:インターネットログイン式アンケート