JCB、名古屋で”QUICPay”利用できる店舗検索・ゲーム機能もあるスマホアプリ

写真拡大

ジェーシービー(以下JCB)は7月30日、ポストペイ型非接触IC決済サービス「QUICPay」(クイックペイ)の加盟店検索やゲーム機能を備えたスマートフォン用アプリケーション「名古屋トレジャーワールド」をリリースした。

同アプリは、スマートフォンのGPS機能(全地球測位システム)を利用した秘宝発掘ゲーム「名古屋トレジャーワールド」をメインコンテンツとし、名古屋でQUICPayが利用できる店舗の検索機能や、QUICPay初のキャラクター「キューペイ」が登場するタイムアタック型ゲーム「QUICPayマスター」を搭載。

GPSと連動して電子マネー加盟店の検索が可能なスマホアプリは、国内では同件が初となるという。

同アプリは、JCBによるQUICPayの発行および加盟店網拡大に関する取り組みを強化するにあたり、近年、都市部を中心に急速に普及・拡大しているスマートフォンに着目し、QUICPayが利用可能な店舗情報を楽しみながら知ることができるゲーム機能をメインとしてリリースすることで、QUICPayのさらなる認知向上やファン層の拡大、ならびに加盟店への送客やQUICPayの利用促進を図るとしている。

「簡単・便利・スピーディー」なポストペイ型非接触IC決済サービスが最もよく利用されるシーンが生活密着型加盟店であることから、生活導線に合わせた推進をコンセプトに、地域に特化した活性を図るため、まずはQUICPayの加盟店網が特に整備された名古屋市を対象としたアプリをリリースし、今後、他地域または全国への展開を検討していくとしている。

今秋以降は加盟店との連携を強め、加盟店検索機能やゲーム機能を通じて、優待やクーポンなどの特典も提供していく予定。