京急電鉄が10/21ダイヤ改正、品川方面からのエアポート急行を快特に格上げ

写真拡大

京浜急行電鉄は10月21日にダイヤ改正を実施する。

都心・品川方面から羽田空港への快特(エアポート快特も含む)、横浜方面から羽田空港へのエアポート急行が倍増し、それぞれ10分間隔での運転となるという。

今回のダイヤ改正は、「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」「京急蒲田駅総合改善事業」が進捗し、10月21日に本線平和島〜六郷土手間、空港線京急蒲田〜大鳥居間の上下線高架化に合わせて実施。

羽田空港へのアクセスを中心にダイヤを変更する予定だ。

都心・品川方面から羽田空港へは現在、日中においてエアポート快特(京急蒲田駅通過)とエアポート急行(京急蒲田駅などに停車)がそれぞれ20分間隔で運転されている。

ダイヤ改正後は、エアポート急行を快特(京急蒲田駅停車)に変更し、快特・エアポート快特が10分間隔(うちエアポート快特は40分に1本)で運転されることに。

快特・エアポート快特における品川〜羽田空港国内線ターミナル間の標準所要時間は、現行のエアポート急行(22分)より7分短縮されて15分となり、速達性が向上する。

エアポート急行から快特への変更を受け、品川〜京急蒲田間では普通が1時間あたり3本増発される。

なお、朝ラッシュの時間帯は都心・品川方面から羽田空港へ向かう快特が増発され、エアポート急行と合わせて1時間あたり9本の運行に。

夜間は羽田空港国内線ターミナル駅から品川・都心方面へ向かう快特が10分間隔で運転されるとのこと。

横浜方面から羽田空港へのエアポート急行も、今回のダイヤ改正で、日中から夕方にかけて現行の20分間隔から10分間隔での運転となり、運行本数が倍増。

横浜〜羽田空港国内線ターミナル間の所要時間も26分に短縮される。

平日の朝ラッシュの時間帯は、横浜方面から羽田空港へ向けて特急が1時間あたり6本運転されることに。

土休日は朝から羽田空港へのエアポート急行が10分間隔で運転されるという。

京急線各駅の時刻など、ダイヤ改正の詳細は9月以降にあらためて案内される。



続きを読む