つくばエクスプレス、10/15ダイヤ改正でラッシュ時間帯に「通勤快速」新設

写真拡大

つくばエクスプレスは10月15日にダイヤ改正を実施する。

列車増発や運行区間延長などで輸送力増強と運行頻度の増加を図り、平日朝夕のラッシュ時間帯に「通勤快速」を新設する。

同路線は新たに交直流車TX-2000系を3編成増備(詳細は本誌記事参照)するほか、秋葉原駅改良工事や南流山駅ホーム延伸工事が完了し、輸送力増強の対策が整ったことからダイヤ改正を行うことに。

新設される通勤快速は、平日朝に上り4本、平日夕・夜間に下り4本が設定され、秋葉原〜北千住間の各駅と、六町駅、八潮駅、南流山駅、流山おおたかの森駅、柏の葉キャンパス駅、守谷駅、研究学園駅、つくば駅に停車する。

平日朝のラッシュ時間帯においては、最も混雑する時間帯の1時間あたりの運行本数を現在の20本から22本に増やす。

朝7時台に守谷発秋葉原行の普通電車を3本増発し、つくば発秋葉原行の区間快速も新たに3本設定される。

平日夕・夜間時間帯の下りでは、17時台に秋葉原〜つくば間の区間快速を1本増発するほか、現在、秋葉原駅を17〜18時台に発車する守谷行の普通電車のうち、2本がつくば駅まで運行区間を延長する。

また、平日・土休日ともに、つくば行最終列車が秋葉原駅発車時刻が15分繰り下げられ、23時45分発となる。



続きを読む