(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、荊州へ帰るに帰れず!
孫権の妹である貞姫と婚姻した劉備ですが、呉国太(孫権、貞姫の母)は劉備が荊州へ帰るのを嫌がります。それは呉国太が貞姫と別れるのが悲しい、せめて初孫を拝むまでは死ねないという年寄りの我儘のためです。そして孫権は劉備と貞姫のために新居を建造するということですが…。

しかし、荊州を留守にしていると北方の曹操が攻め込んでくるやもしれぬと劉備のみならず趙雲も心配します。

※同時に孫権も荊州を狙っている事を意味します。
●孔明、2つ目の手紙
江東で冬を迎える劉備と趙雲、そこで趙雲は孔明の2つ目の手紙を開きます。そこには「荊州に曹操が攻めてきたのでわが君(劉備)に帰還して欲しい」との内容が書かれています。

そのため劉備は荊州へ帰ろうとするも、妻である貞姫も共に荊州へ向かう事を決めます。そのためには孫権の隙を突いて帰る必要があるのですが…。

それを知った孫権と周瑜は水路、陸路を封鎖します。
●貞姫、江東の兵士を一喝する!
周瑜の策略によって陸路を塞がれた劉備達ですが、劉備達を捕らえようとする江東の兵士に向かって貞姫が一喝します。

すると江東の兵士は怯んで逃げ出してしまいます。そして劉備達は孔明の3つ目の手紙に書かれている「劉郎浦」へと向かうことになります。

王道を求める劉備、覇道によって天下を求むるは孫権と曹操。どちらが正しいのでしょうか?
●周瑜、再び病に倒れる!
劉郎浦の船によって無事江東を脱出した劉備達、それを目前で見逃さざるを得ない周瑜は怒りのため再び病に倒れてしまいます。

それらを外から見ていたのは曹操。勅命によって周瑜を南郡太守に任じます。そして病の身体を無理して周瑜は勅命を口実として荊州の劉備へ奇襲を掛けようとするのですが…。
●周瑜の死
周瑜はこれが最後の機会とばかり魯粛と共に荊州にいる劉備へ進軍します。そして、劉備の眼前に現れた周瑜ですが…。

南郡城の守備に就いていた関羽と張飛が劉備の元へ戻ってきます。もはやなす術も無い周瑜、失意のあまりそのまま吐血をして倒れてしまいます。

危篤の状態にある周瑜は孔明を恨みながら逝去してしまいます。

類稀なる天才軍師、周瑜。彼の唯一の弱点は孔明を必要以上に意識しすぎた事だったのかもしれません。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第36話「玄徳虎穴に入る」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第35話「風雲 南郡城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第34話「曹操を逃すな!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第33話「赤壁の戦い」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第32話「苦肉の計」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト