三井アウトレット滋賀竜王、第2期開発で近畿最大級のアウトレットモールに

写真拡大

三井不動産はこのほど、「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」の第2期開発計画に着手することを発表した。

開業は2013年夏を予定している。

同アウトレットパークは2010年7月に開業。

「環境共生型アウトレットモール」を施設コンセプトとし、第1期部分においては太陽光発電パネルやLED照明等環境関連設備を積極的に導入してきた。

竜王町の豊かな自然から生い茂る葉をイメージした「LEAVES」をモールのデザインモチーフとし、水と緑に囲まれた自然豊かな空間の中でショッピングを楽しめるよう演出されている。

このほど発表した第2期開発部分においても、「FLOWERS」というデザインコンセプトのもと、第1期部分と同様に各種環境関連設備の導入を進めていくとのこと。

同社によると第2期開発計画の増床により、店舗数は165店舗から約230店舗へと拡大。

店舗数において近畿圏最大級のアウトレットモールになる。

店舗構成としては国内外の有力ブランド、セレクトショップ、生活雑貨等をより一層充実させ、多様なニーズにさらに幅広く応えていく。



続きを読む