トヨタ、商用車「ダイナ」「トヨエース」の2t積系を一部改良

写真拡大

トヨタ自動車は1日、商用車「ダイナ」ならびに「トヨエース」の2t積系を一部改良して、9月3日に発売すると発表した。

価格は、ダンプ(4.0t積 / ディーゼル)が505万3,000円、カーゴ(2.0t積 / ディーゼルハイブリッド)が489万3,000円、アイドルストップ対応HV中温冷凍車(2.0t積)が654万円。

今回の一部改良では、カーゴおよびダンプの完成車に後部反射板を装備。

また、N04C-UQ型ディーゼルエンジン搭載車は、環境性能の向上などによって一部車型(最大積載量4.0t超の9型式)が「平成27年度燃費基準」を達成。

これにより、「平成21年排出ガス基準10%低減」の認定の取得とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」の減税措置の対象となっている。

また、TECS(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施すとともに、中温・低温の冷凍車に、アイドルストップ対応HV冷凍車(スタンバイ機能付)を新設定している。