自転車を点検せずに乗っている人は約7割! - 自転車安全利用についての調査

写真拡大

サーベイリサーチセンターは6月29日〜7月4日にかけて、自転車の安全利用について調査を実施した。

対象となったのは東京圏と大阪圏に住む16歳以上の自転車利用者で、1,023件の有効回答が寄せられた。

調査は東京圏(東京23区)と大阪圏(大阪市、門真市、池田市)に住む、月に数回以上自転車を利用する16歳以上の男女を対象に実施した。

まず、自転車利用の一番の目的について尋ねると、買い物が63%、通勤・通学合わせて29%という結果になった。

使用する自転車について質問すると、79%がママチャリ・シティーサイクルと回答。

スポーツ車は11%、電動アシスト付自転車は8%だった。

続いて自転車の購入時期について尋ねたところ、50%が4年以上前に購入したと回答。

自転車を選ぶときのポイントについて質問すると、1位となった回答は「価格(71%)」で、2位が「自転車のサイズ(54%)」、3位が「利用目的に適した機能(53%)」だった。

また、定期点検について尋ねたところ50%が「ほとんどしたことはない」、18%が「一度もしたことはない」と回答。

約7割が点検整備をせずに自転車に乗っていることが明らかとなった。

「自分は安全運転ができていると思うか」という質問では、できていると回答した人は32%、それなりにできていると回答した人は59%で、合わせると約9割が自分は安全運転をしていると考えているようだ。

一方、周りの自転車利用者の危険だと思う行為について尋ねると「走行中の携帯電話(70%)」「信号無視(66%)」「複数台での横並び走行(59%)」が上位に並んだ。

その他、無灯火走行や走行中のヘッドフォン利用、自転車の車道走行なども挙げられた。

続いて自転車の安全対策について質問。

「自転車の安全講習を受けたことがあるか」と質問したところ、「受けたことがある」はわずか19%。

「自転車保険に加入しているか」という質問でも、加入していると回答した人は19%で、自転車運転の安全対策が図られているとは言い難い状況となっている。

また、「自転車免許制度を知っているか」と質問したところ、「制度そのものを知らない」と回答した人は51%。

「自転車免許を保有しているか」という質問では「所持している」と回答した人は10%だった。

自転車免許制度の必要性について尋ねると、「必要だと思う(51%)」「必要だと思わない(49%)」がそれぞれ約半数。

必要だと思わない理由としては「周りも取得しないと意味がない」「取得しなくても自分自身は自転車走行のルールは理解できている」などの意見が多かった。