リクルートが就職活動モニター大学生を対象に実施した調査によると、6月までに就職活動を終了した学生が4割となっている。

7月1日時点で就職活動を終了した学生は41.4%で、終了時期を見ると、4月が31.6%、5月が33.9%、6月が28.9%となっている。

7月1日時点の就職内定率は58.5%で、6月1日時点に比べて10.5ポイント上昇した。文理別では、文系56.7%、理系62.5%、男女別では、男性61.9%、女性54.3%、地域別では、関東63.3%、中部55.9%、近畿54.5%、その他地域54.8%。

内定取得者の内定取得社数の平均は1.91社で、2社以上の内定取得者が44.6%となっている。

調査は、7月2日〜11日に同社のモニター大学生4647人を対象に実施し、1916人から回答を得た。

求人企業の7割が新卒採用数を確保、次年度は選考開始を早める企業も
初めて知った就活用語「リクルーター」「お祈りメール」
三井物産 キャリア採用イベント

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。