オリコと第三銀行、「提携ローン」保証業務の8月からの取扱開始で合意

写真拡大

オリエントコーポレーション(以下「オリコ」)は7月27日、三重県の第三銀行と提携し、オリコの分割払い商品である個品割賦(クレジット)について、第三銀行が融資会社となり資金提供を行い、オリコがその債権の保証を行う「提携ローン」の取り扱いを8月1日より開始することで合意した。

今回の提携ローンは、オリコは第三銀行から消費者向けに商品販売等を行う同行の取引先の紹介を受け、その取引先との間で新たに提携ローンの取り扱いが可能となる加盟店契約を締結する。

この仕組では、利用する顧客が第三銀行の窓口に来店する必要がないなど利便性の向上につながるという。

また、オリコは同行のネットワークを活用した新たな加盟店網を構築することで、三重県内でのクレジット取扱高の拡大を見込んでいる。

一方、第三銀行はオリコの加盟店となった取引先がクレジットの取り扱いを拡大することにより、いっそうの顧客サービス拡充にもつながり、資金使途の明らかな優良な個人向け融資残高の積み上げが可能になるという。

また、オリコの営業力を活用した取引先の潜在的なクレジットニーズ掘り起しにより、取引先企業の事業活性化に寄与していくことが期待されている。

今後もオリコでは、各提携金融機関との連携を強化することで個人向け融資残高の拡大に寄与していくとともに、地域におけるクレジット取扱高のさらなる拡大を目指すとしている。

第三銀行との提携は、全国で13行目になる。