スティーブン・リチャーズ・コヴィー
Stephen Richards Covey
世界38カ国に拠点を持つフランクリン・コヴィー・グループの創設者。『7つの習慣 成功には原則があった』は世界で2000万部以上を記録。25年間にわたりリーダーシップの原則とマネジメント・スキルについて、ビジネス、政府、教育の現場を通して指導。近著『第3の案』がベストセラーに。
http://www.franklincovey.co.jp/books/


Q 職場がギスギスしています。部門内でも部門間でも、自分の売り上げや権限を守るのに必死で、つまらない喧嘩ばかり。どうすれば組織をいい方向に持っていけるのでしょうか。(自動車メーカー/45歳/男)

A 君は「シナジスト」になる覚悟はあるか

あなたはとても賢明な人です。リーダーとしての第一の条件である、組織をいい方向に向かわせたいという強い気持ちを持っており、組織内の争いに巻き込まれることなく、冷静に判断できる知性も併せ持っているからです。さらに、あなたは「シナジスト」になる素養を持っている人です。シナジストとは、二者が対立する中、お互いの意見を尊重し、双方を満足させることができる創造的な「第3の案」を生み出すことのできる人のことです。

組織同士、あるいは組織内においても、通常の争いには間違いなく2つの対立項があります。つまり争いとは「私の案」対「あなたの案」、「誰かの案」対「誰かの案」となります。そしてどちらかが勝つか負けるまで続くことになります。時には、どちらも負けることもあります。

■争いのための無駄なエネルギー

「第3の案を創造する」とは、「どちらかが勝つ」ではなく、「どちらも勝つ」という考え方に基づいた行動です。「第3の案」を生み出す思考プロセスを使えば、争いや対立そのものを避けることができます。「私の案」対「あなたの案」ではなく、お互いが満足する「案」をともに探す協力のアプローチだからです。

「第3の案を創造する」ことを常に意識することができれば、あなたは今後、争いのために無駄なエネルギーを使うことはなくなり、よりエキサイティングで画期的なアイデアに向けてエネルギーを注ぐことになるでしょう。

「第3の案を創造する」アプローチは、誰かが異を唱えたときから始まります。通常の場合はまず反論することから始まります。しかし、あなたは「第3の案を創造する」プロセスを持つ「シナジスト」です。

■相手の意見の本質を知る

あなたはあなたに異を唱える人と向き合い、「あなたは私とは違う意見を持っています。だからこそ私はあなたの意見により耳を傾けなければなりません」と本気で相手に伝えてください。あなたの心の中にあるのは、相手を素直に受け止めようとする姿勢だけです。そして、あなたが本当にこれを実践し相手の意見を真摯に受け止めようと努力すれば、その時点から争いはなくなり、相手の意見の本質を聞き分けることができるようになるでしょう。

そのとき、相手がかつての対立者だろうが、利害関係のある他部門の人であろうが、あなたが今まで気づかなかった何かを教えてくれるでしょう。あるいは、少なくとも相手の気持ちや対立していた本来の理由を理解することができるようになるでしょう。

「第3の案を創造する」プロセスを持つ「シナジスト」はそこでこう聞きます。「あなたは今まで私たちが考えもしなかったような案を探し出すことに異論はありますか?」と。もし、相手が同意してくれるならば、二人で一緒により上の領域を目指して解決策に向かってください。ここで争いはありえません、あるのは相互理解と創造性だけです。

次の事例は、報酬に対する不満があるビジネス・パーソンが上司に交渉にいくという典型的な対立事項を、見事な「第3の案」創造プロセスを使ってより大きな成果へと結びつけた上司のストーリーです。

あるとき、一人の若い男性が転職してまだ日が浅いころ、現状の仕事に対する報酬が低すぎることに不満を抱いていました。はじめのころは少ない給料で我慢していたのですが、数カ月後、医療費がかさみ、家計が火の車であることがわかり、自分の仕事に対して給料が少なすぎると思いました。

■彼は驚き、彼女はジッと聴く

そこで男性は思い切って、上司の上司である役員に給料を上げてほしいと直訴にいきました。男性はまだ、その会社で実績らしい実績は残しておらず、しかも女性であるその役員とはそれまで交流はなく、彼女も彼のことはほとんど知らない状態にもかかわらずです。

しかし彼女は、その男性が事情を説明すると、「もっと話してください」と言い、彼は驚きながらも、家庭の状況や会社のためにやってきたことを詳しく述べました。その間、彼女はじっと聴いていました。すると、今度はこの会社、顧客、製品についてどう思うかと彼に質問しました。男性としては、給料のことを話し合うはずだったのに、彼女が聞いたのは彼がやっていること、彼の考え、入社してから数カ月で学んだことなど、彼に関する話ばかりでした。

そして彼女は、彼も対応したことのある顧客のことを質問しました。その顧客については彼にも考えがあったので、取引を増やすためのいくつかの意見を語りました。

数日後、彼女から呼ばれて部屋に入ると、すでに3〜4人集まっていました。例の顧客に関する彼の考えがホワイトボードに書いてあり、彼らは活発にディスカッションしました。ディスカッションは何時間も続き、彼の気持ちはとても高揚していました。結局、その顧客との取引が増え、彼が担当することになりました。そしてこの顧客への新たな大きな仕事によって、彼の給料も増えたのです。

■闘うか要求を呑むか、ではない解決

このときのディスカッションが、その会社での彼の目覚ましい出世の始まりでした。彼はついに、この会社の共同経営者になったのです。

この役員の女性こそ「シナジスト」にふさわしい人物です。彼女は、「第3の案」を探す考え方ができる人物でした。その男性と闘うか、あるいは彼の要求を呑むかのどちらかだったら、ずいぶん簡単だったはずです。しかしそうはせず、劇的なWin-Winの可能性を感じ取ったのです。男性のニーズとエネルギーを顧客のニーズに結びつければ、全員が勝つことができるのではないかと考えたのです。その結果、まったく新しい仕事が生まれ、その男性はパートナーとなり、会社に対する貢献を年々増やしていったのです。

もし、あなたが上司の立場で、周りの人たちにこの「第3の案」の思考プロセスを実践しているところを見せれば、周りはあなたに自然に影響されるでしょう。

(スティーブン・リチャーズ・コヴィー 翻訳=猪口 真 編集協力=ブレック・イングランド 撮影=若杉憲司)