2012年秋、”みんなの声で創った箱根スイーツ”でファンへ恩返し

写真拡大

小田急グループの箱根エリアに関わる経営計画等を手掛ける小田急箱根ホールディングスは、箱根エリアのホテルや美術館、和・洋の飲食店と協力して、「箱根スイーツコレクション2012秋」を9月1日から11月11日まで開催する。

「箱根スイーツコレクション」は、毎年春と秋に「箱根のスイーツ」を味わっていただきたいというコンセプトのもと開催される。

記念すべき10回目となる今回は、小田急ロマンスカーや箱根海賊船にもオリジナルスイーツが登場し、過去最高の40店舗が参加するという。

今回の創作テーマは、”みんなの声で創った箱根スイーツ”。

ファンから要望が多かった、「箱根らしさを盛り込んだスイーツ」「和洋コラボスイーツ」「体にやさしいヘルシースイーツ」の3つのテーマで、各店舗のシェフが今までの感謝の気持ちを込めてスイーツを創作するとのこと。

期間中、2つのスイーツを食べ、シールを集めて応募すると、ランチ券やスイーツ券など合計218本の賞品が当たる「秋の箱根でプチ贅沢キャンペーン」を実施。

そのほか、小田急トラベルでは、スイーツと箱根がお得に楽しめる宿泊プラン「箱根秋色スイーツ日和(1泊2日)」を販売する。

期間中は、参加店舗のスイーツの特徴などを紹介した小冊子を小田急線各駅、箱根エリアの主要駅などで配布。

また、小田急グループが運営する箱根の観光情報サイト「箱根ナビ」にて、スイーツ研究会に所属する大学生によるリポートや、冊子に掲載しきれないスイーツ・店舗写真も紹介していくという。