野毛山動物園からガビアルモドキが来園 -北海道・札幌市円山動物園

写真拡大

札幌市円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘3番地1)では、7月23日、横浜市野毛山動物園からガビアルモドキの幼体2頭が来園した。

この2頭は、2011年年3月に種の保存法違反で警察署に摘発保護された個体で、一時的に野毛山動物園で保護預かりをしていた個体を同園が譲受けたもの。

昨年生まれと思われ、現在全長は1m未満、性成熟に達していないため、性別はまだ不明だ。

現在、1頭は、は虫類・両生類館のセンターラボのバックヤードで飼育、もう1頭は、小中型水槽ゾーンで展示している。

ガビアルモドキの成体については、これまで同様大型水槽にて2頭を展示しているので、その大きさの違いを比較してみてはいかが。

これで同園のガビアルモドキ飼育個体は、4頭となった。

ガビアルモドキは、マレー半島、スマトラ及びボルネオに生息する大型のワニで、個体によっては、体長が5m近くにもなる。

口吻が非常に細長く、口内に細く鋭い歯が並んでいる。

体色は、褐色がかった暗緑色の地に黒い斑紋が入る。

動物食で、主に魚を食べる。

国内では、2011年12月31日現在、5園で合計15頭(雄2、雌7、不明6)を飼育中だ。



続きを読む