話題のLCC、機内食を徹底比較 - ジェットスター・ジャパン編

写真拡大

低価格運行で話題のLCC。

価格競争も嬉しいけれど、意外とメリットが大きいのは、有料とはいえ、どのクラスでも温かい食事が提供されること。

それなら、いっそ機内食でエアラインを選んでもいいかもしれない。

前回は就航間近のエアアジアを紹介した。

今回はジェットスターの日本国内線を見てみよう。

7月から就航しているジェットスターは、国内2大都市を結ぶ成田 - 関空便を持つ唯一のLCCだ。

また成田 - 沖縄、成田 - 新千歳、関空 - 新千歳といったフライト時間が1時間半を超えるような路線もある。

機内食は各路線共通で、すべて予約不要の機内販売。

もっとも、公式サイトには「販売する商品はフライト毎に異なる」という但し書きがあるのでご注意を。

食事メニューは7種類。

「おにぎり梅」と「おにぎり鮭」(各200円)はコンビニスタイルのパリパリ海苔タイプ。

「エッグ & ソーセージラップ」(350円)、「チキンとチンゲン菜のオリエンタル風ラップ」(350円)、ツナサンド(350円)。

ここまでは片手でつまめる手軽なフィンガーフード。

「季節のお弁当」(550円)も現在は巻きずしである。

「茶そば」(600円)は出張や旅行で疲れたおなかには嬉しい一品。

腹具合に合わせてこれらとスープ類を組み合わせ、自分なりのセットを組み立てよう。

機内販売のドリンクやスナック類も充実している。

特にアルコールの種類が多く、仕事帰りのビジネスマンを癒してくれそうだ。

ワインはエアアジアより安いし(エアアジアは187ml700円、ジェットスターは450円!)、梅酒やチューハイ、ハイボールもある。

お得なワンコインセットとして、ビールとピーナッツ、またはおせんべいの組み合わせで500円(100円引)、冷たいソフトドリンクとポッキーで500円(50円引)が嬉しい。

国際線は予約サービスがあるようだが、国内線は対応していない。

次回は日本における本格的LCCの先駆け、Peachを紹介する。



続きを読む