自分で収穫した食材をシェフが調理する中沢食堂、長野県駒ヶ根にオープン

写真拡大

お客さんが自ら食材を収穫するという体験型レストラン「中沢食堂(ナカショク)」が長野県駒ヶ根市の中沢地区で8月10日(金)・25日(土)の2日間限定でオープンする。

「中沢食堂」は、常設の食堂ではなく、地域の特長を生かした料理の試食会などで使われてきた名称だ。

今回は、自然からの贈り物を自分たちの手で収穫するワクワク感とともに、地元食材を知り尽くしたシェフによる料理を存分に味わえるという期間限定のレストランとして「中沢食堂」がオープンする。

調理するシェフは駒ヶ根市民だったら知らない人はいないという、ステーキとワインの専門店「グリーンオックス」の宮下シェフ。

「ワイン+中沢まるごと地産地消料理+田園風景+ゆったりした時=幸せ」がコンセプトだ。

当日は、10:00〜14:00の間に収穫体験と食事会が行われる。

食事は夏野菜を中心としたビュッフェ料理。

参加費は通常5,000円のところ、今回はモニター価格として4,000円だ。

参加には事前の予約が必要。

また、帽子、雨合羽、タオル持参で、動きやすい服装での参加のこと。

駒ヶ根は、諏訪湖から流れ出る天竜川の流れに沿って南北に広がる伊那谷、西に中央アルプス、東に南アルプスと高い山々に囲まれた絶景を望む地。

あるのは山と川と田んぼ。

その中で「せかせかしない時間」と「温かい地元の人」との交流というぜいたくを味わうことができる。

特にこの夏の「中沢食堂」では、生産者と会い、その場で食すことで「食の安全」をテーマとしている。

そして、単に観光で終わるのではなく、中沢地区が一年に一度は帰りたい心のふるさととなり、さらには住んでみたいと思ってもらえるようなきっかけを提供することを目指している。

なお、9月以降も月2回のペースで「中沢食堂」を開店していく予定だ。



続きを読む