大ヒットした漫画原作の映画、『デスノート』。この作品でメガホンをとった金子修介監督が今度は筆を執り、その作品がメール配信されることとなりました。配信されるのは連載小説『夏休みなんかいらない』。週1回ずつ、メールマガジンで全20回を予定しています。

 デスノートは天才的な頭脳を持つ高校生や死神が登場する独創的なストーリーで、壮絶な心理戦や頭脳戦をスリリングに描いた作品。一方、今回小説で金子氏が描くのは青春群像劇。

 物語は、ある日突然、生徒会長の大木戸愛子から声をかけられた主人公の宮也加奈恵が、年上の幼馴染み・純也との関係を問い詰められるところから始まります。そのとき、加奈恵の脳裏をよぎったのは純也への密かな想いでも、愛子への嫉妬でもなく、純也と愛子を主演にして映画を撮ること。そして、夏休みにいよいよ「宮也組」が映画づくりに動き出す―――というもの。

 幼馴染に夏休み、仲間たちと映画づくりなど、これでもかと青春要素の詰まった作品。同じ学生を扱っていながら、出だしからまったく違ったテイストに仕上がっていることが分かります。デスノートを撮った監督が描く青春は一体どんなものなのか。映画のファンには気になる作品かもしれません。

【関連リンク】
連載小説「夏休みなんかいらない」




『完全な遊戯 (新潮文庫)』
 著者:石原 慎太郎
 出版社:新潮社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
カブトムシとクワガタ、どっちが強い?
「神の手」を持つ心臓外科医の人生
Chim↑Pom最初の代表作「ERIGERO」をあなたはどう見る?


■配信元
WEB本の雑誌