恋愛が長続きしない4つの理由

写真拡大

 上司や部下とうまく行かない、恋人と長続きしない、姑と反りが合わないなど、日常生活には常に人間関係の悩みがつきまといます。どうして私たちは周りの人に不満を持ったり、怒りを抱いたり、嫌になったりするのでしょうか。
 『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(五百田達成、堀田秀吾/著、クロスメディア・パブリッシング/刊)は、人間関係の悩みの根本的な原因を「結局、あなたの心が冷めているから」として、自分の考え方や行動を変えることで、人付き合いの悩みを解決することを目指す一冊。
 今回は本書のなかから「恋愛が長続きしない人が取るべき行動」を紹介します。

■「価値観が合う人」との恋愛は続かない?
 よく、恋人選びの条件として挙げられるのが「価値観が合う人」というもの。しかし、価値観が完全に合致する人などいるはずがありません。価値観が合うから、と付き合った人ほど、一緒にいるうちにささいな「違い」が目につき始め、やがて不満が溜まっていく、というのは、恋愛ではよくあるパターン。
 どんなに相性がいいと思った人とでも、互いの価値観がぶつかり合うことは必ずあります。その時に自分の価値観を押し付けるのではなく、自分と相手の違いを認めたうえで、どうやって乗り越えていこうか考えることが恋愛では大事になります。
 恋愛が長続きしないという人は、「価値観が合うこと」よりも、価値観や考え方が違っていても、互いに足りない部分を補い合える関係を意識してみた方がいいかもしれません。

■恋愛が長続きしない理由とは?
 自我と恋愛の関係について研究している大野久さんは、「交際が長続きしなかった理由の特徴」として、
・相手からの賞賛を強く求めてしまう
・相手が自分のことをどう思っているか常に気になる
・交際開始からしばらく経つと、相手に飲み込まれるような不安を経験する
・相手の言動に目が離せなくなり、相手が何をしているのかが常に気になってしまう
の4つを挙げています。
 つまり、「いつも自分だけを見てもらいたい」とか、「相手に影響されすぎるのが怖い」といった感情が、恋愛が長続きしない原因になっているのです。
 このような感情は、対人関係においていびつだといえます。お互いがお互いを認め合える関係を作ることが、長続きの秘訣です。

 本書は、恋愛に限らずすべての人間関係の悩みを解きほぐすものです。
 周囲の人とうまく付き合っていくには、最終的には自分が変わるしかありません。どう変わればいいのか、本書からはその答えが読み取れるはずです。
(新刊JP編集部)