ピンクの水玉会場で草間彌生×ウンナナクールの新作下着披露

写真拡大

 ワコールの子会社ウンナナクールが、草間彌生がデザインした新作下着を披露した。2012年2月に発売された4種類のデザインに続いて、新たに「果てしない人間の一生」、「太陽のキノコ」、「真夜中に咲く花」、「フラワー・オブセッション」の4作品をモチーフに製作。発表会場となった東京・渋谷のディクショナリー倶楽部には、ピンクの水玉が配された他、草間彌生のデザインスタジオより屋外に草間彌生の作品「命の足跡」が設置され1日限り草間彌生一色に染まった。 草間彌生×ウンナナクールコラボ第2弾の画像を拡大

 ウンナナクールが2011年春にスタートしたアーティストシリーズは、1年間で約10万枚を売り上げたノンワイヤーブラジャー「FUN FUN WEEK(ファン ファン ウィーク)」をキャンバスに、アーティストが自由な発想でデザインを施したコラボレーション商品を発売している。第一弾ではコンテンポラリーアート作家、秋の第二弾では絵本作家に続いて、アーティストシリーズの集大成である第三弾で、草間彌生とのタッグが実現。2012年2月には、草間彌生の代表作を中心に「カボチャ、カボチャ、カボチャ」「ラブ・フォーエバー」「ボディ・フェスティバル」「蝶の乱舞の中に消滅するあなた」の4デザインを発売した。 草間彌生とのコラボレーション企画第2弾として発売される新作は、全4作品をモチーフにしたウィメンズのノンワイヤーブラとショーツ、メンズのトランクス。なかでも「果てしない人間の一生」は、現在松本市美術館開館で開催中の「草間彌生 永遠の永遠の永遠 YAYOI KUSAMA Eternity of Eternal Eternity」のために2010年に書き下ろされた最新作。ブラジャーの片方のカップが、絵の作品の切り取り個所によって異なるデザインとなる。また、11月初旬に発売が予定されている「フラワー・オブセッション」は濃青のテキスタイルをベースに、赤い花のモチーフを草間彌生によって指定された場所に刺繍。ワコールの技術を駆使し、洗濯しても取れないように1点1点が付けられているという。8月4日に全国のウンナナクール41店舗、ZOZOTOWN、ワコールウェブストアで発売する。(「フラワー・オブセッション」のみ11月発売)