(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●周瑜、劉備・孔明と面談する!
赤壁の戦いで勝利した周瑜は劉備・孔明と今後の荊州について面談をします。周瑜の質問としては現在曹操軍の曹仁が守備している南郡城を落した場合の所有者は何処にあるのかということですが…。

劉備は元々の領主であった劉表の長子である劉に返還すべきと主張しますが、孔明は南郡城を攻め落とした者が所有すると口を滑らしてしまいます。

周瑜はこの孔明の失言を盾に孫権軍が南郡城を攻め落としたら孫権が所有すると意気揚々となります。

但し、これらの失言も孔明の策略でもあり…。
●周瑜、南郡城を攻めるも…
周瑜は南郡城の曹仁を攻略しようとします。そこで曹仁は曹操からの手紙を読み、その指示によって夜中に食事を取り城を捨てて逃げる事にします。

これを見た周瑜は迷わず南郡城へ夜襲を掛けますが…。

実は曹操の計略で落し穴や伏兵で周瑜は惨敗し、彼自身も重傷を負います。

翌日、周瑜は曹操軍の神々・竜々の罵詈雑言により思わず外へ出ますが、落馬してしまいます。その後、周瑜の葬儀が行われますが…。

これは周瑜の策略で曹仁が周瑜陣営を夜襲を掛けてきたところを逆に討ち取るというものです。この周瑜の策略は上手く行ったと思いきや…。
●南郡城、劉備が占領する!
曹仁と周瑜が城の外で戦っている隙を突いて、劉備と孔明が空き家同然の南郡城を占領してしまいます。

その南郡城を見て病が悪化した周瑜は寝込んでしまいます。

しかしながら、周瑜には奥の手があるようです。
●劉、死の間際に
南郡城を制圧した劉備ですが、病が多少回復した周瑜は劉備の元へ参ります。

周瑜がそこに連れてきたのは劉、その劉本人から劉備に対して「孫権に南郡城を引き渡して欲しい」と言われます。

※これらは劉が周瑜に逆らえば孫権軍50万が劉備を攻め落とすと脅迫されたための事です。

しかし劉備達が南郡城を出て行くとき、領民達が劉備を引き留めようとします。それを見た劉は前言撤回し、劉備に南郡城を任せる事を宣言します。

そして病床の劉は劉備に荊州太守を任せると安心したように夭折します。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第33話「赤壁の戦い」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第32話「苦肉の計」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第31話「謎の水上大要塞」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第30話「孔明の大論戦」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第29話「決戦! 百万対一万」

▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト