神奈川県大山で江戸時代の風習「納め太刀」が7月28日に開催

写真拡大

木製の太刀を担ぎ、神奈川県伊勢原市大山の大山阿夫利神社下社を目指す「大山納め太刀(おおやまおさめだち)」が伊勢原青年会議所と伊勢原市観光協会の共催で7月28日(土)に開催。

納太刀とは、願い事を書いた木太刀を大山に奉納することで、起源は鎌倉時代。

源頼朝が武運祈願のため太刀(真剣)を納めたのが始まりと伝えられている。

江戸時代、庶民の間で盛んになった山講、大山詣での時に、源頼朝の真似をして、願い事をしたためた木製の太刀を担ぎ、石尊大権現(大山寺)で祈祷し、大山阿夫利(あぶり)神社下社に奉納。

いつしか、災難よけとして自分が納めた太刀の代わりに別の太刀を持ち帰り、翌年また大山を詣でるという風習になったという。

特に山頂までの登拝が許される夏山(旧暦6月27から7月17日)には大山の麓の宿場は賑わっていたという。

木太刀を担いで東海道を往来する人々の姿が描かれた浮世絵もあり、木太刀と夏山は川柳にも詠まれているほど。

このにぎわいを取り戻そうと、伊勢原市観光協会と伊勢原市青年会議所によって、3年前に復活したのが「大山納太刀」だ。

当日のスケジュールは、参加受付が大山阿夫利神社社務局(小田急線伊勢原駅北口から神奈川中央交通バス「大山ケーブル」行きで「社務局入口」バス停下車徒歩1〜2分 ※赤い橋を渡る)で、午前8時00分に開始。

午前8時30分に開会式、午前8時45分スタート。

良辨滝(ろうべんだき)で太刀を清め、とうふ坂周辺を歩き、途中、追分社で休憩。

大山寺で太刀を祈祷、休憩し、目的の山阿夫利神社下社へ。

ここで正式参拝し、修了証の配布や写真撮影を行い、午後1時解散の予定だ。

雨天の場合は、7月29日(日)に順延。

なお、イベント保険には加入しているとのこと。

注意事項として主催者から、山歩きのため靴は履き慣れた物で、水分補給は各自管理して、無理はしないでほしいとのこと。

問い合わせは伊勢原市観光協会事務局まで。



続きを読む