『ファイナルファンタジーXIV』のタイトル&ロゴ一新! 強固な基幹システムを実現

写真拡大

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーXIV』」の新しいタイトル名、タイトルロゴを発表し、新生プロモーションサイトを7月27日から公開した。

新タイトル名『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』は、ゲームの舞台”エオルゼア”にちなんだネーミング。

そこに、新たな世界、新たなゲームシステム、そして新たな物語を目指してきた「新生」というキーワードを現すタイトルとして、「A Realm Reborn」を掲げた。

7月27日から公開となった新生プロモーションサイトでは、予告編第一弾となる”THE FATE OF EORZEA”トレーラーのほか、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の概要や、各都市、種族、迫りくる脅威「ガレマール帝国」など、多数のコンテンツの中から一部が公開されている。

『ファイナルファンタジーXIV』は、壮大な”エオルゼア”という世界を舞台に、 ネットワークを通じて、世界中のプレイヤーと共に冒険ができるFFシリーズ。

今回「新生エオルゼア」として ゲーム仕様、システム根幹、ゲームデザインなどを一新し、現状のWindows(R)版に加えて、PlayStation(R)3 版のリリース、そして数年先の運用を見据えた強固な基幹システムを実現した。