飼い主の6割がダイエットに成功! -「ペットのダイエットに対する意識調査」

写真拡大

T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険は、ペットを飼っている20〜70代の男女1,333人(男性・881サンプル、女性・452サンプル)を対象に、インターネットリサーチにて「ペットのダイエットに対する意識調査」実施した。

調査期間は、7月13日〜7月15日。

「ペットのダイエット経験はありますか?」という質問に対して、ペットを飼っている人の約2割(22.9%)が経験ありと回答。

さらにその経験者に「ペットのダイエットは成功したと思いますか?」と質問をしたところ、約6割(59.5%)が「成功した」と答えており、ペットのダイエットの成功率が比較的高いことがわかった。

同時にペットとのダイエット体験談についても調査をしたところ、「温野菜やこんにゃくなどをフードに混ぜて、全体量を減らさず空腹感を与えないようにしています」や「1日分のエサの分量を毎日ちゃんと計って与えています」などの成功話もあれば、「おやつを与えるのをやめるようにしたが、家族が与えてしまったりしてなかなか徹底できない」や「キャベツばかりを与えてしまっていたら、ペットが栄養不足になってしまった」などの失敗話もあり、飼い主それぞれが愛犬や愛猫の健康維持を考え、試行錯誤を繰り返しながらダイエットに励んでいることがわかる。

また、飼い主自身のダイエット経験については、ペットのダイエット経験がある飼い主のうち、約7割(68.1%)の方が経験ありと回答。

ペットと一緒にダイエットを楽しんでいる姿が想像できる。

「あなたとペットは似ていると思いますか?」との質問には、自分と似ていると思うと回答している飼い主が約6割(57.2%)も。

同社では、同じ時間を長く過ごすペットは、飼い主と性格が似てくるのはもちろん、体形まで似てくるのかもしれない、としている。