ペットや赤ちゃんにもやさしい、輝きを保つフロアコーティング「EPCOAT」

写真拡大

ジェブは環境にやさしいフロアコーティング「EPCORT(イーピーコート)」を提供している。

同製品は防滑性に優れたフロアコーティングで、施工することにより家庭内におけるペットの安全を守る働きもあるという。

イーピーコートはガラス薄膜をフローリングの表面に強固に形成し、傷や紫外線からフローリングを守るコーティング方法。

ワックスや今までのコーティングに比べて耐久性に優れているため、新築の状態を長期的に保つことができる。

同コーティング方法の原料である液体ガラスは、UVコーティングで使用されるウレタン素材に比べ非常に硬く、ペットの爪傷や家具の引きずり傷からフローリングを守る効能がある。

また、太陽光(紫外線)による劣化を防ぎ、フローリング表面の黄ばみ、退色、ひび割れを防ぐことが可能となっている。

また、シックハウス症候群の原因とされるVOC13物質を一切含まないので、ペットや乳幼児がいる家庭でも安心して使うことができる。

ペットや乳児などが「EPCOAT」を舐(な)めてしまっても人体への影響はないとのこと。

ホルムアルデヒドを発散する量が基準値以下であることを示す「エフ・フォースター」の認定も受けている。

さらに、施工することにより床の滑り止め効果もアップ。

ペットの足腰への負担を和らげるだけでなく、子どもや高齢者などの転倒防止・つまづき防止に有効だという。

また、コーティングは常温硬化するため1日以内で施工ができ、入居は翌日から可能。

施行後は10年間無料定期点検があり、長期にわたってサポートを受けることができる。

「EPCOAT」防滑性については、同社サイト内において実演動画を公開している。