プロに聞くTOEIC勉強法 短期間でスコアを伸ばしたいなら、リスニングに重点を。

写真拡大

サラリーマン経験を経て、TOEIC専門講師として講義、執筆などの分野で活躍中のTEX加藤氏。

自らを「TOEICオタク」と称する氏は、TOEICテストについて、「勉強すれば、確実に点数をアップさせることができる」と断言します。

TOEICテストで13回連続990点(満点)継続中(2012年7月現在)の氏に、最近のTOEICテストの傾向やモチベーションの保ち方、効果的な勉強法について伺いました。

――TEX加藤さんが考えるTOEICの魅力とはなんでしょうか。

講師になってからは、受験することは仕事の一部となりました。

自分のことよりも、教えている生徒さんがスコアを伸ばし、次のステップに進むことが一番うれしいですね。

自動車教習所の教官と同じ感覚です(笑)。

TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。

一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。

私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。

つまり、200〜300時間勉強で100点もアップすることができるのです。

――勉強を継続するのは簡単なことではありませんが、モチベーションを維持するためにはどうすればよいでしょうか。

「半年以内に600点を取得する」などといった明確な目的を持つことです。

ダイエットと同じで、モチベーションの高さはそのまま結果につながります。

「私には難しすぎる」「気が進まないけれど、なんとなく頑張ってみようかな」という気持ちでは続きません。

社会人にとってはTOEICで結果を残すことは、ある期間を与えられて成果を出せという「仕事」と同じです。

「明日までに900点取りなさい」というのは無謀ですが、一定の期間を与えられて目標とする点数を目指すのは、決して乗り越えられない壁ではありません。

また、TOEICは他人との勝負ではなく、自分との闘いです。

厳しい言い方になりますが、目標を達成できないということは、仕事ができないことであり、さらに自分に負けたということです。

逆に、結果を出せば、自分にとって必ずプラスになるし、目標を達成したことが、次のステップへの大きな自信にもなります。

世の中には、TOEICよりも大変なことが山ほどあります。

「TOEICごときに負けてはいられない、なんとかして打ち破ってやろう」くらいの気持ちで挑んでほしいですね。

――最近のTOEICの傾向を教えてください。

より高い英語力が求められるようになってきました。

僕はTOEICに必要なスキルは、「英語力×TOEIC力×気力」だと考えていますが、その3つのスキルのなかで、英語力にかかる比重が増えています。

特に、パート7の「長文読解」は、ここ1、2年で大きな変化が見られます。

以前のように一部しか読まなくても解ける問題が減り、文章全体を読まないと解けない問題が多く見られるようになりました。

例えば、レストランの広告に関する問題があったとします。

以前は、「土曜日の開店時間は?」というような「部分読み」で解ける問題があったのですが、最近は、「これはなんのための広告ですか」といったような、読みこまなければ分からないことが問われています。

――難易度が上がった長文読解には、どのような心構えで挑めばいいのでしょうか。

パート7の長文読解を含むリーディングパート(パート5〜7)には、75分間という時間が与えられていますが、長文読解に少なくとも50分は時間を取っておきたいですね。

初めてTOEICを受ける方が陥りがちなミスが、パート5、6で30分以上時間を使ってしまうということです。

これでは長文読解は終わりません。