330万箱を販売した炭酸ジェルパック、改良品が登場 - フェヴリナ

写真拡大

フェヴリナホールディングスはこのほど、炭酸ジェルパック「ジェルパックS」を発売した。

同商品は、顔にのせて使う美容パック。

使用前に二酸化炭素の成分を含むジェルと顆粒を混ぜ合わせることで、ジェルの中に炭酸ガスを発生させる。

「炭酸ガスを吸収した肌は一時的な酸素不足状態となり、肌細胞は血液から酸素を取り込もうと働きます。

結果、年齢と共に低下する肌(細胞)の新陳代謝を活性化させ、血管の拡張と血行決行を促します」(同社)。

新陳代謝で肌内部の老廃物を排出し、シミやくすみを抑え、顔を明るくすると共に、血行促進で顔のむくみを取り、肌に弾力を与えるという。

なお同商品は330万箱を販売した顔用炭酸ジェルパックの改良品で、肌への二酸化炭素吸収率を約1.5倍に引き上げたものとなっている。

今回の商品はジェルの粘度が高いため、炭酸ガスの発生持続時間が約3時間とのこと。

顔に使用した後で、首やデコルテなどで再利用もできるという。

販売は同社オンラインショップで行っており、価格は10回分が2万6,250円(顆粒10包、ジェル10包、専用シート10枚、スパチュラ1本、容器1個)。