福島の“今”を知ろう。名産品山盛りの「福島まごころフェスタ」開催!

写真拡大

福島まごころプロジェクト事務局は、福島県の約100社が出展する物流展をはじめ、著名なクリエイターたちが福島を正しく伝えるため結成した「福島見聞隊」の現地訪問レポートなど見どころが満載のイベント「福島まごころフェスタ」を開催する。

福島まごころプロジェクトは、経済産業省の委託を受け、東日本大震災後の福島県の風評被害対策として設立された団体。

「見る・知る・味わう・ほんとの福島」をスローガンに掲げ、福島県産品の安全性と透明性を発信するとともに、福島県自体の魅力を全国に伝える役目を担う。

「福島まごころフェスタ」は、8月4日・5日の2日間、10:00〜17:00まで、東京国際フォーラムで開催されるイベント。

メイン企画は、約100社もの企業が福島から集い、福島をまるごと知ることができる物流展。

生鮮品、食品、工芸品、民芸品、生活用品など数々の名産品が展示される。

会場内では、トークショー「福島見聞隊レポート」を開催。

芸術家や文化人が「福島見聞隊」として福島を訪問。

その土地の素晴らしさや地元の人々との交流を通じて感じたことを、言葉やパフォーマンスで伝える。

出席予定者は、華道家の假屋崎省吾、料理研究家の森崎友紀、写真家のテラウチマサト、デザイナーユニットのSUZUKIKE。

さらに「福島エンターテイメントショー」として、会津磐梯山踊りや郡山フルオーケストラ、フラガールの実演など、福島が誇るエンターテイメントも堪能できる。

ステージプログラムの司会は俳優の別所哲也が務める会場でお腹がすいたら「福島まんぷく横町」へ。

B-1グランプリで有名な「なみえ焼きそば」など、福島各地の自慢のB級グルメが競演する。

また、地元の食材を、有名シェフが店のオリジナルメニューにして福島を応援。

その場で試食もできる。

イベント時間などの詳細は「福島まごころフェスタ」詳細情報ページで。