神奈川県横浜市で今年もアロハヨコハマ開催!

写真拡大

今年も7月27日〜7月29日までの3日間、横浜でアロハヨコハマが開催される。

会場は横浜港大さん橋ほか7カ所。

横浜とハワイは実は歴史的に深いつながりがある。

ハワイ王国最後の国王であるカラカウアが明治14年に横浜を来訪し、日本は国賓として彼を迎えたという経緯がある。

そのため、明治18年から日本人移民がハワイに渡航するようになり、この横浜が旅立ちの地となった。

その数は4,000人に上る。

大さん橋ではハワイから来日したローナ・リムの指導のもと、1,000人フラダンスが行われる。

ハワイアンコンサートとフラダンスショーのゲストも多彩な顔ぶれ。

KONISHIKI、キャシー中島、高木ブー&ニューハロナ、山内雄喜LauLa withパイナップルシュガーハワイアンバンドの国内勢、ハワイからも多数のハワイアンミュージシャンとフラダンサーが来日し、会場狭しと歌い、魅惑のフラダンスを披露する。

参加型イベントも盛りだくさんに用意されている。

ハワイアンジャムセッションでは自分の楽器を持ち込み、ビックネームとステージを共にして会場を盛り上げることができる。

ハワイアンキルト、レイメイキング&ハワイアンキャンドルの体験もある。

ウクレレ教室も当日の申し込みが可能。

また、ハワイグッズの出店もハワイから来日したショップも多く、ハワイでしか手に入らないようなレアなグッズが入手できる。

フード、ドリンクコーナーも、ロコモコやアサイーボウルなど、ハワイならではのメニューを楽しめる。

アロハヨコハマの期間は7月27日〜7月29日までの3日間。

開催時間は会場、日程により異なる。

メイン会場である横浜港大さん橋は7月27日、28日は10:00〜21:00、最終日の29日は10:00〜18:00。

ランドマークプラザは期間通じて11:00〜20:00、コレットマーレも11:00〜20:30、横浜ベイクォーターは11:00〜20:00、クイーンズスクエアも11:00〜20:00、横浜ワールドポーターズは11:00〜20:00、横浜マリンタワーは10:00〜22:30で、最終入場が22:00となっている。

JICA横浜海外移住資料館は10:00〜18:00、同じく最終入館時間は17:30。

なお、特別展示「ハワイに生きる日系人―受け継がれる日本の心―」は9月2日まで開催される。



続きを読む