奥様はコマガール (56) 結婚とスピード出世の浅からぬ関係

写真拡大

男性にはあまり見られない女性特有の現象のひとつに、年上男性に対するタメ口の許容というものがある。

一般的に女性は男性に比べ、年上男性に対してフランクにタメ口を使っても、どういうわけか許されることが多い気がするのだ。

たぶんです。

ちなみに男性社会の根底には、いくら時代が変わったとはいえ、いまだに体育会的な年功序列の理念が根強く横たわっており、我々は仕事先やプライベートなどで初対面の男性と出会えば、まず彼の年齢が気になってしまう。

そして、その彼が自分より年下だとわかったら、人によっては彼に対して親しみを込めたタメ口を使い、他方その彼が年上だとわかったら敬語で話すように努める。

ちなみに僕はこういう男性同士の微妙な序列の探り合いが苦手なので、初対面では明らかに年下が相手でも敬語を使うようにしている。

年をとると、敬語で喋るほうが楽な場合もあるのだ。

実際、以前僕が雑誌の仕事で出会った某現役プロ野球選手は、超一流かつ高年俸の人気プレーヤーのためか、最初はすこぶる横柄な態度で接してきた。

なんの威厳も貫禄も感じられない僕の小柄な容姿を見るなり、「ふん、この野良犬風情めが」とでも言うような見下した口調になり、にこやかな笑顔を一切見せてくれなかった。

ところが、僕がこんな話を切り出すと、その彼の態度は急変した。

「やあやあ、○○選手、実は僕、あなたと同じ大学出身で学部も同じなんですよ。

ちなみに僕と同期の野球部には××選手がいてね……」その××選手とは、彼の3学年上のこれまたプロ野球選手(すでに引退)であり、すなわち僕は自分のほうが彼より年上で、しかも大学の先輩でもあるということを暗に(もろに)示したわけだ。

だって、それは事実ですから。

すると、おもしろいもので彼は途端に背筋を伸ばし、それまでの横柄な態度が嘘のように礼儀正しくなった。

「ああ、そうなんですか。

先輩だったんですね。

よろしくお願いします」と頭を垂れ、それ以降は柔和な笑顔を繕いながら実に丁寧な敬語で話しだした。

いくら高年俸の人気プロ野球選手とはいえ、やはりその根底には年功序列の理念がいつまでも眠っているのだろう。

バリバリの体育会出身者ならなおさらである。

翻って女性である。

彼女たちも、それぞれ単独で考えると男性と同じような年功序列システムに倣い、年長者には敬語を使うことが基本だったりするのだが、そこに”あるきっかけ”が訪れた途端、突如として言葉遣いに大きな変化が生じてしまう。

それは年上男性との恋愛、あるいは結婚である。

たとえば、都内の某企業で働くOLのA子(24歳)の場合。

それまでA子は親の教育が良かったのか、実に礼儀正しい女性として知られており、同じ部署の先輩諸氏にはきちんとした敬語を使っていた。

体育会よろしく、年功序列を重視していたわけだ。

しかしそんなある日、A子の態度が急変した。

いきなり同じ部署で働く30代の先輩男性たちに、飲み会の席などでタメ口を使い出し、名前の呼び方まで「○○さん」から「○○くん」にモデルチェンジ。

しかも、それに対する先輩男性たちもA子の急変に違和感を覚えることなく、それどころか自分たちよりはるかに年下のA子のことを一目置いた存在として認め始めた。

中には、A子に対して逆に敬語を使う30代男性もいるほどだ。

その理由は簡単である。

A子が彼らの上司である部長(44歳)と結婚したからだ。

これ、実際よくあるケースだと思う。

男性にしてみれば、自分の先輩や上司の奥様に当たる女性は実年齢が何歳であろうが、目上の存在というイメージになってしまう。

A子もA子で、そんな先輩男性たちの遠慮や気遣いの空気を敏感に察知するだけでなく、家庭の中で彼らの上司である夫が「○○くんは年齢のわりに頼りない」「××の野郎は仕事がまったくできん」などと話しているのを聞くうちに、だんだん彼らのことが自分の部下のように思えてくる。