セディナが名古屋銀行と提携、「先進医療費ローン」の保証業務を8/6から開始

写真拡大

三井住友フィナンシャルグループのセディナは23日、名古屋銀行と提携し「先進医療費ローン」の保証業務の取り扱いを8月6日より開始すると発表した。

「先進医療費ローン」は、悪性腫瘍に対する陽子線治療、重粒子線治療などの高額な治療費が必要とされる先進医療を受ける人の親族を対象に、無担保かつ専用金利で治療費の上限までの融資を可能とし、資金面での不安を解消して治療に専念してもらうことを目的としている。

資金使途は「先進医療」にかかる治療費用(保険診療の対象外となる自己負担部分)。

融資額は10万円以上300万円以内。

融資期間は6カ月以上7年以内。

融資対象者は「先進医療」を受ける人の親族(配偶者並びに三親等内の血族及び姻族)で、申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満、完済時年齢が満70歳未満の人となっている。