キャメロン首相らと対談 Rex Features/アフロ

写真拡大

「キャプテン・ファンタスティック(直訳:素晴しい、最高のキャプテン)」とも呼ばれたことのあるデヴィッド・ベッカム。この1週間、ベッカムはその名に恥じるどころか、スーパーヒーローレベルの超人的な活躍をしている。英国のライターに敬礼させてしまうほどだ。それはどんな活躍かというと...。

普通の人間だと、大西洋を越えて飛ぶ旅は体調を戻すのに1~2日かかるものだが、ベッカムはものともしない。

オリンピック開会式の直前に彼がこの1週間にしたことをまとめると:

o. アメリカでサッカーの試合2試合に出場
o. ロンドンでサプライズイベントに参加、ファンを感動のあまり泣かせる
o. モハメド・アリと授賞式イベントに参加
o. オリンピック・スタジアムを訪問

そして木曜日(開会式前日):
o. キャメロン首相と会いUNICEFのロビー活動

さらにこんなに忙しくしている中、 いつの間にか、伸び過ぎていた口ヒゲもそられている!!もう少し細かくズームインして見てみると...

日曜日
ロサンゼルス。1週間の始まりは、90分のサッカーから。ロサンゼルス・ギャラクシー vsチーヴァス・USA戦は3-1でロサンゼルス・ギャラクシーの勝利、ベッカムは2試合連続ゴール。
(コーナーキックを含めフル試合出場。)

月曜日
ロンドン。アディダスの写真撮影用ブースでファン60人にドッキリを仕掛け、クリスチャン・ルイス少年を感激のあまり泣かせる。
(泣き止んで一緒にポーズすることができたクリスチャン。この時点ではまだヒゲがある!)

火曜日
どちらかと言うとゆったりしたこの日は、オリンピック・スタジアムを訪ね、開会式の打ち合わせと下見。その後、"Beyond Sport"賞授賞式にモハメド・アリと参加する。ヒゲが消えている!
(この日は"Beyond Sport"賞の贈呈役。スーツ姿がまぶしい。)

水曜日
いつの間にか自家用ジェットに乗り込み、米ペンシルベニア州フィラデルフィアへ。PPLパークで行われた米メジャーリーグサッカー(MLS)のオールスターゲームに出場、ジョン・テリー(John Terry)やフランク・ランパード(Frank Lampard)と共にプレイ。後半ベッカムのパスがゴールにつながり、MLSオールスターズが王者チェルシーを3-2で敗る。
(上写真:自家用ジェットでフィラデルフィアに降り立ったところ。)
(下写真:「明日、ロンドンで首相と会うことになってるんだよ俺」とか言ってるんでしょうか。)

木曜日、金曜日
キャメロン英首相とイベントに参加するためイギリスに帰る。そしていよいよ金曜日はロンドンオリンピック開会式に参加!
(キャメロン首相と対談。UNICEFのために、英国の食料援助などを働きかける姿。でもまたヒゲは伸びてきている...。)

1週間、お疲れ様です!!(筆者も敬礼します!)

デヴィッド・ベッカムがUNICEF親善大使として<Huffington Post UK>にも寄稿したブログ記事はこちら。オリンピック閉会式の前夜に行われる国際栄養サミットや来年イギリスで行われるG8サミットに先駆け、飢餓/栄養失調により発育阻害が生じている世界中の子供達のために、キャメロン首相・英政府に継続的な援助を働きかけています。

デヴィッド・ベッカム、ダウニング街10番地(英首相官邸)を訪れ、飢餓問題について首相と対談