(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●連環の計
龐統は曹操と出会い、曹操軍の水軍について船酔いによる体調不良を見抜きます。そこで水軍の船を鎖で繋ぎ安定させる「連環の計」を献策します。龐統の策について曹操も疑いも無く採用します。

しかし、龐統が曹操の元に参ったのも周瑜の策略。それを見抜いたのは許攸のみ。しかもその後の火計についても読めていたので彼は西涼の鎮圧へ許攸が向かう事を条件としてこの件は曹操へ知られる事は無かったのです。
●孔明、東南の風を呼ぶ!
周瑜は今回の計略で一番重要な火計の成功について悩むあまり病気で寝込んでしまいます。そこで孔明は祈祷によって東南の風を呼ぶ事を宣言します。

※もちろん、孔明は祈祷では無く気象観測によって東南の風が2,3日程度吹く事を把握しています。祈祷は演出のためのようです。

そして、実際にその通り東南の風が吹くと…。
●曹操軍、火計により壊滅状態になる!
孔明の宣言通り東南の風が吹くと、周瑜は孔明を妖術使いと看做してそのまま暗殺しようとします。しかし全て読めていた孔明は趙雲を呼び出しておき、そのまま劉備の元へ戻ります。

孔明を逃した周瑜、まずは曹操軍の内偵であった蔡仲の首を斬り士気を鼓舞します。更に黄蓋の偽の寝返りや大規模な火計に加え連環の計で船を固定していたのが災いして曹操軍は壊滅的な損害を被ります。

そして僅かな配下と共に逃げる曹操ですが…。

歴史的大敗を喫する曹操、最大の手柄は周瑜ですが実質的には孔明の策略があってのこそ。

今回はここまでっ!

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第32話「苦肉の計」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第31話「謎の水上大要塞」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第30話「孔明の大論戦」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第29話「決戦! 百万対一万」

▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト